愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販のフードへの疑問

2006年02月08日 (水) | 編集 |
ドッグフードには全成分表示の義務付けや添加物の制限、
使用する原材料の検査などの法的規制が一切ありません


成分表示に関しても「80%開示」というおかしな取り決めがあるようで、
フードメーカーの都合の悪い部分は、
開示義務のない残りの20%に隠してしまうことが可能なのです。

ですから、私達は自分の愛犬に食べさせているフードの内容を、
はっきりと知ることができないのが現状です。


しかし、最近なって、その内容に関して色々な検証がされてきた結果・・・

ドッグフードの原料や内容

→狂牛病などの病気で人間の食用に適さない肉=いわゆる4D(Dead/死んだ Disease/病気の Dying/死にかけている Disabled/障害のある)と言われるもの。

抗生物質ホルモン剤が基準を超えて残留している肉。

→大量の農薬を使って栽培された野菜。 

エトキシキン・BHT・BHAなどの酸化防止剤が添加されている。

などと言うことが明らかになってきました。詳細→

確かに、フィラリアの予防薬の普及で蚊に刺されて死亡する犬は激減し、
ワクチンによって伝染病に感染する犬も減ったと思います。

ドッグフードによって犬の寿命が延びたというのは本当なんでしょうか?

ドッグフードは本当に栄養管理された理想の食べ物なのでしょうか?

内容や出所が明らかにされない食べ物を信用してもいいのでしょうか?


ドッグフードを食べるのは、人間より体が小さいがために、
人間より添加物や化学物質の影響を受けやすい犬達なのです・・・。


犬達の健康的な生活を考えるル・シアンのページ
犬達の健康的な食餌を考えるヤラーの説明のページ
テーマ:プロが語るわんこライフ
ジャンル:ペット

『ヤラープラスわん』って何?

2006年02月07日 (火) | 編集 |
「ヤラープラスわん」とは、ヤラーのドッグフードにプラスして、人間の食べる食材から1品のトッピングをお勧めするものです。

私達は長ーいフードジプシーの経験から辿り着いた結論として、
ヤラーの100%オーガニックが評価できるものとして採用しています。

質の良いヤラーのフードの良さを活かしながら、人間にはそれ程負担が掛からず、それでいてワンちゃんにとっては飼い主の愛情たっぷりの食餌。

それが私達が提案する「ヤラープラスわん」です。


ヤラープラスわんを食べている、ル・シアンのワンちゃん達のページ
私達がご説明する、ヤラーフードのページ
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

ブリーダーの手作り食:ホウレンソウディナー

2006年02月07日 (火) | 編集 |

今日のヤラープラスわん



ホウレンソウ




【ヤラーYARRAH ディナーフードとは】

ヤラーのディナーフードには、玄米やとうもろこしの粒がそのままの形で入っています。
ぬるま湯をかけて与える、ヨーロピアンタイプの手作り食感覚のフードです。

今日のプラスわんのトッピングはほうれん草です。
ディナーフードの玄米やとうもろこしの粒と、
ほうれん草の緑とのコントラストが素敵に見えます。
ほうれん草は、ごま油で炒めた人間のメニューから取り分け、
犬用には細かく刻んで与えます。





【ホウレンソウの効用】

βカロテンをはじめ、ビタミンB1・B2、ビタミンAなどを多く含んでいます。
ファイトケミカルとしてのルティンを含有。
ルティンは紫外線によって目の中に発生する活性酸素を中和し、網膜を目の酸化から護る働きをします。


テーマ:手作りワンコご飯
ジャンル:ペット

詳細プロフィール

2006年02月07日 (火) | 編集 |
「犬がいなくちゃ生きていく意味がない!」と思っていた夫。
その夫がドッグショーなるものに手を染めたのち、小型犬のブリーディングを始めました。

意気込んでスタートした、60頭ほどの犬たちとの生活でしたが、襲いかかる皮膚や消化器のトラブル。

快適な居住空間のために一頭ずつのケージも用意した。
一ヶ月に一度のシャンプーやトリミングも欠かさない。
朝と夕方の一日2回は庭に出て日光浴と運動もさせている。

なのにどうして皮膚を痒がっているんだろう?
お腹をこわして下痢が続くのは何が悪いんだ?

そんな状況が続く中、ブリーディングには関わらないと言っていた私にも、とうとう役割分担が振られ、
私はめでたく顕微鏡での寄生虫検査係となりました。
今までいったい何回顕微鏡とにらめっこしたことか、、、、。

どうしたら病気のない健康な状態でこの子たちが暮らしていけるのだろう?

下痢をするんだから、食べ物が関係しているにちがいない。
そう考え、世に出回るプレミアムフードという名のフードを片っぱしから試しました。


「食べ物が体を作る」

そのことにどうしてもっと早くに気づかなかったのでしょう。


私たちは、プレミアフードと呼ばれるフードのことを信用しすぎていました。
何の根拠もなしに、バカみたいに信じていました。
プレミアム、って言うくらいなんだからきっとすごくいいフードなんだろうね、と。


ペットフードのことを調べていくうちに、だんだん恐ろしい事実が分かってきます。

一番衝撃を受けたのは、

安楽死された犬や猫がペットフードにリサイクルされている

という事実。

ペットフード工場からの内部告発で、回収された犬や猫がペットフード工場に運ばれてくるのは当たり前の事実だという暴露もありました。

そして、アメリカ獣医師会からの、ベントパルビタールに耐性のある犬や猫が増えているという報告が出されます。
ペットフードの分析をしてみたら、安楽死に使う麻酔薬のベントパルビタールが残留しているフードが沢山存在していることが明らかに!

そういう粗悪な原料に、酸化防止剤をふりかけて作られていた”プレミアムフード”で、犬たちが健康でいられるわけがなかったのです。



では、

安全な「保証」があるフードは存在するのか?



徹底的に調べまくった末に、出会ったのが

「オーガニック認証」を取得したフード

でした。

それは、世界で初めて作られたオーガニックペットフードでした。

藁にもすがる思いで食べさせ始めたオーガニックフード。

いつの間にか私は顕微鏡を覗く役目から解放されていました。

もう皮膚を痒がる子も、下痢や便秘に苦しんでいる子もいなくなりました。
涙やけで目の周りが黒ずんでいた子も、綺麗になりました。



そうであってほしいと追い求めていた、美しい毛艶の健康な犬たちがそこに存在するようになったのです。

オーガニックペットフード、ヤラーyarrahのページはこちら


チワワ画像 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~愛犬を健康にしたいあなたへ~ 

愛犬観察ノートは、
犬の健康や幸せな生活について
真剣に考えていくサイトです。

日本では、ペットフード安全法ができました。
全成分表示や原産国表記が義務付けられはしましたが、
原料の原産国やその品質に関しては表示の義務はありません。

日本国内で製造さえすれば、たとえ中国産の原料を使って作られていたとしても「国産」と表示可能です。



プードル画像  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

これを機会に、みなさんも犬の医・食・住に関して考えてみませんか。

  大切な家族に、犬や猫が原料になってるかもしれないフードを選びますか?
それとも品質の保証があるフードがいいですか?

慢性的なトラブルの原因が、今与えているフードにあるとしたらどうしますか?

家族の一員としてのわんちゃんの健康を
守ってあげられるのは、 飼い主さんしかいないのです。




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
パピヨン画像 食の大切さを教えてくれた犬たちは、今はもうここに居ません。
その犬たちに情熱を注いでいた夫も他界して別の世界の住人となりました。

しかし、ペットフードの問題は、今も現在進行形で続いています。
家族の一員のはずの犬や猫たちの健康が脅かされています。

私は、そんな現実を、一人でも多くの飼い主さんに気づいていただきたいと願います。

健康に長生きしてほしいから、できることはすべてやってあげられたらいいなと思います。


アクアリブのページ
安全・無害な殺菌と消臭
テーマ:犬の健康/病気
ジャンル:ペット

アクアリブはどう使う?

2006年02月06日 (月) | 編集 |
アクアリブはこんな使い方ができます

わんちゃんの使い道
  

人間も有効利用
   
●お散歩後の足裏洗浄 ●うがいで風邪予防
●皮膚病の加療 ●水虫対策
●ケンネルコフ対策 ●トイレの除菌・消臭
●傷口の洗浄 ●除菌をしながら床掃除
●耳の掃除に ●ゴミ箱の除菌・消臭
●排泄物の除菌・消臭 ●自動車内の除菌・消臭
●粗相の後の除菌・消臭 ●まな板・包丁などの除菌・消臭
●パルボ・ジステンパーの感染予防
 (噴霧器での室内空間除菌による)
●お風呂の除菌・防カビ
●ケージの除菌 ●室内の除菌・消臭
●ベットの除菌・消臭 ●カーテン・ソファの除菌・消臭
●おもちゃの除菌・消臭 ●冷蔵庫内の清掃・除菌・消臭

■ワンポイントアドバイス■

皮膚病のわんちゃんは、痒くて掻いてしまい、炎症を起こす可能性がありますので、
皮膚病箇所にスプレーして二次感染を防いであげます。

ケンネルコフに罹った時は、スプレーボトルのノズルを”ストレート”にして、
喉の奥にアクアリブ液が届くようにして、一日数回スプレーして下さい。
人間がうがいをするのと同じです。
喉に雑菌が付いて二次感染を起こし、症状をこじらせるのを防ぎ、
治癒の助けになります。

切り傷・擦り傷、よそのわんちゃんに噛みつかれた・・・・など、
ケガをした場合も傷口にスプレーして消毒します。
傷口の雑菌を除菌するので、傷が早く治ります。
人間の傷口にも使えます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。