愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤラーについて調べてみました

2006年03月07日 (火) | 編集 |
昨日、一般的なドッグフードは与えない方が良いものとして選別しましたので、
今日は、「じゃあ、プラスわんで使用しているヤラーフードって本当のところどうなのよ?
一般的なものとどこが違うの?」ということについてお話します。



 ヤラーは、ペットフード先進国ヨーロッパで、自然食フードのパイオニアとして
ナンバーワンシェアを誇るフードです。

社長ご自身の愛犬(バーニーズ)が皮膚トラブルに見舞われ、
治療食を作りたいという観点で作られたのが始まりだそうです。


 ヨーロッパのオーガニックは日本の有機栽培とは全く性質が異なると言うか、
その審査の厳しさは比にならないといいます。
(日本の有機栽培には、許可された21種類の化学肥料と農薬の使用が認められています。)

そして、自社基準のみに基づく表示ではなく、
オランダのオーガニック認定団体(Skal)が認定を与えているヤラーの製品は、
原材料から製品化に至るまで、全ての化学薬品を排除して作られているという保証があります。
⇒認証の印のEKOマークが付いています。


 しかし、ドッグフードに対する不信感を増大させてしまった今、
本当に信用できるフードなのか?
疑問点は残さず解決してから使い始めたいと思い、
頂いたパンフレットや詳細説明文にも書かれていない内容を、
輸入総代理店の担当の方に問い合わせ、オランダ本社へ質問していただきました。


 既に明らかになっていたのは、ヤラーはオランダのSkalと言う第三者認証機関により、100%オーガニックの認定を与えられていること。

又、商品への100%オーガニック認証を受けているのは、日本ではヤラーだけであること。

オーガニック認証のもとで生産された原材料を使用し、
合成保存料・着色料・酸化防止剤は一切使用していないと保証されている
こと。
(オーガニック原材料は、ホルモン剤・除草剤・殺虫剤・遺伝子組み換え食品・砂糖・酪農製品・
人工着色料・香料・合成飼料を使用していませんと明記されています。)

包装資材に至るまでリサイクル可能でないとオーガニック認定がおりないこと。

など、きちんとした品質管理がされていると評価できました。


 さらに私共で質問したのは、

1-脱脂大豆を使用しているか?

2-腎臓を使用しているが、糞尿はどのようにして排除しているか?

3-とうもろこしの芯を使用しているか?それとも実だけか?

4-シリアル製法(原材料を蒸してから、空気でふくらませた後冷却する。)で作られているのか?
空気でふくらませたものをそのままの状態で食べると膨張症になるのではないか?


1-A 
ヤラーペットフードに使用する大豆は丸大豆を使用しています。
脱脂大豆は使用しておりません。

2-A
高品質なヤラー商品への不適切な物質の混入を防ぐため、
腎臓のサプライヤーによって清浄しすすがれた腎臓を使用しています。

3-A 
芯を除き穀物(実)を粉にして粗挽きにしたトウモロコシ粉(コーンミール)を使用しています。

4-A 
既に加熱された原料を筒状の中の低速回転スクリューにより、
低温状態にて形状ある製品を作っており、
この場合の製品は圧縮されたような状態にて膨化を抑えているため、
組成が非常に密になり比重も重いものとなっています。

という解答をいただきました。


 ヤラーのラインナップの中で、一番興味を引かれた製品は『ディナーフード』です。

これは、ぬるま湯をかけて食べさせる、手作り食感覚のフードで、
実際、玄米やニンジン・とうもろこしの粒が入っています。

腐敗を防ぐために水分量を10%以下に抑えたドライフードの、
絶対的に不足した水分を補う意味でも理にかなったフードだと思いました。


子犬引渡しの際には、パピーフードもしくはこのディナーフードをお勧めし、
飼い主さんがストレスを感じない頻度で構わないから、
納豆や豆乳・ヨーグルト・煮物の残りなど、
人間が食べるWhole Food(ある成分のみを抽出した人工的な栄養分でない食品)を
トッピングして与えて下さるようお願いしています。=これがいつも画像でご紹介している「ヤラープラスわん」です。

 又、今までに送り出した犬達にも添加物の害を回避するために
ヤラーをお知らせしたところ、意識の高い飼い主さん達は、
ヤラーへの移行に踏み切って下さっています。

 正直なところ、最初はちょっと不安がありました。

最初から離乳食でヤラーを食べてきた子犬ではなく、
今まで化学薬品で臭い付けや味付けをされたフードに慣れてきた犬達が、
添加物のないフードを果たして食べてくれるのか?


この心配に関しては、あっさりと肩透かしを食らう形になりました。


犬は人間より本能が発達していて、薬の臭いのしない食べ物、
自分の体にとって良い食べ物が分かるのだろうと思います。

もし、ヤラーを食べないという子がいたら、添加物などの影響で本能がかなり狂っているかも・・・
と心配しないといけないかな・・・と思う今日この頃です。


ヤラープラスわんを食べている我が家のワンちゃん達のページ
プラスわんで使用した ヤラーフードのページ
 
スポンサーサイト
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。