愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国毒餃子とペットフード

2008年01月30日 (水) | 編集 |
中国製ギョーザで重篤も=千葉や兵庫、児童ら10人中毒-有機リン系農薬成分検出
1月30日17時31分配信 時事通信



前回、国産だと思っていたペットフードが
実はタイ産だったとショックを受けた友人の話と、
ペットフード輸入先は、中国やタイなどのアジア産がアメリカ産を上回る・・・
という話題を書いたと思ったら、この報道ですよ・・・。

みなさんもTVやネットでご覧になったかと思います。



昨年アメリカで起きたペットフードのリコールにも
中国産の小麦粉が関係していましたね。

フードを食べたペットが、最悪の場合死に至る・・・という
恐ろしい話題でした。

これは小麦粉に、タンパク質含有量を上げるため、
故意にメラミンという化学物質を使用していたことと、
ネズミを殺す薬までもが混入されていたことが原因でした。


今回の餃子の事件とペットフードリコール事件を比べてみると、

●大手メーカーが販売しているからといって安心ではない。

●商品製造の祭に添加された化学薬品だけでなく
 原材料に残留した農薬などの化学薬剤が影響を及ぼす。

●原材料の産出国、製造原産国が分かりにくい。
  【例えば、国産と謳っている日本産のペットフードも
   原材料は、東南アジア産を使用している場合がほとんど。】


などなど、その他にもさまざまな問題点がありますね。



中国から輸入されたペットフードが大量にある はずなのに、
表に「中国産」と書かれた商品はあまり目にしませんね。
まして、パッケージが全て日本語で表示されていれば、
確認をせずに「国産」と思い込んで購入してしまうのは当然です。

今回問題になった餃子なども、
国産と思っていた方々が沢山いらっしゃるはずだと思います。




食品衛生法の規制があるはずの人間の食品から農薬が検出される時代です。

たとえ酸化防止剤を使用していたって,
ペットフードのように『自然食』って言えるし、
原料を育成するのに農薬を使っていても『無添加』が通用してしまう・・・・。

それが食品とペットフードの世界です。


仮に本当に無添加だとしても、
問題なのは、原材料の育成の方法にあります。

今回問題になった有機リン系農薬を使用して育てた野菜を使用していても、
食品を製造する段階で、新たに薬剤を添加しなければ
『無添加』と謳ってしまえるのです。


添加物については、いろいろ言われていますが、
食品に潜む残留農薬・ホルモン剤・抗生物質については、
誰も触れない事柄になっています。

自分達の食事と同様に、
家族の一員である大切なペットの食餌も
真剣に考えなければならないご時勢になったように思います。




それにしても、生協の信用はどこへ行ってしまったのでしょう・・・。
利用者の私は少なからずショックでした。

ミートホープの製品も、生協取扱でしたから・・・・。


最後に、北京オリンピックに出かけられる選手の皆さんの
食事による健康被害が出ないことを祈ります。
(何らかの自衛手段は取れないのでしょうかねぇ・・・)

近年の中国の国土の様子はこちら



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

スポンサーサイト
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

ペットフードの輸入先

2008年01月25日 (金) | 編集 |
先日、知人がドッグフードの見本をいただいた時のお話です。


彼女は、後の表記を見て「タイ産」と書かれていることに
非常にショックを受けていました。

パッケージは全て日本語で書かれているし、有名大手メーカーの商品なので、
てっきり国産と思っていたそうです。

それに、タイでペットフードを製造していることに新鮮な(?)驚きを持たれたそうです。


確かに、ペットフードと言えば、
アメリカ・カナダ・オーストラリア・ヨーロッパあたりが思いつくかもしれませんが、
実際は、タイや中国はペットフード輸出大国なのです。

私からすれば、中国産であろうとアメリカ産であろうと国産であろうと、
製造国など関係ないと思うのですが、やはり人それぞれの国に対するイメージが、
ペットフードのイメージまでを変えてしまっているのかもしれません。

そんな中、人間の食材レベルを使用する義務があり、
いろんな面で、規制が厳しいのがヨーロッパです。

しかし例えば、ロイヤルカナンの後の説明文には、
日本語では酸化防止剤とだけ書かれていますが、
英文ではBHAとしっかり書かれています。

ここまではっきり表記してくれていれば、
酸化防止剤不使用と偽っていながら暴露されるメーカーより、
逆に正々堂々としていて気持ちが良いかな・・とも思います。
(あとは消費者の感性の問題ですから・・・。)


規制の厳しいヨーロッパでもBHAの使用を認めているのなら、
規制のない国々で製造されるペットフードとは一体何者なのでしょうか?



さて今回は、そんなペットフードの内容より、
どこの国で製造されたペットフードが、日本に輸入されるのか調べてみました。

知っていても、あまり意味のないことかもしれませんが、
ペット業界のプロにも知られていないマニアックな情報なので、
是非、ご覧になって下さいね(笑)。


2004年度  ペットフード輸入先地域とその金額


アジア       277億円

アメリカ       270億円

オーストラリア   170億円

ヨーロッパ      30億円

カナダ         7億円

その他        18億円    


(合計輸入金額約758億円)


いかがですか?

何と、アジア産のペットフードが一番多く輸入されていたのですね。
その中でも、中国産が51億円、
タイ産が212億円と大きなウエイトを占めています


この2カ国で、アジア産のほとんどを担っています。

続いて予想通りアメリカ差とオーストラリア産が続きます。

第4位のヨーロッパは、わずか30億円。
この金額は、全体の4%にしか達しておりません。
しかも、30億円のうちフランス産が19億円も占めています。


次回は、国別のペットフード輸入価格についてです。

これには、驚きの数字がずらりと並びますので、
お時間のある方は、是非ご覧になって下さいネ。




次回も読んでみようかなと思われた方は、カチッと応援して下さい。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

泌尿器疾患・・結石と言われたら処方食にする?

2008年01月20日 (日) | 編集 |
先日、静岡のTさんからメールをいただきました。




今回メールを送りましたのは、ルビー(Mダックス♀・6歳)
の事で何かアドバイス頂けたらと思ったか らです。

血尿している子がいるらしく・・・。
多頭飼いの為、だれの尿か判断出来ませんでしたが、
1番水分を摂らなくて、尿の回数が少ない子(ルビー)
を病院に連れていきましたら(尿も持参)
やはり「ストルバイト」が出ていました。
その他「蛋白」も出ているとの事・・・。

念のため超音波診断しましたが、「怪しい所がある
が、まず石は無いでしょう」と言う事でした。




泌尿器疾患のご相談をいただいた方は
必ず皆さん、獣医さんから処方食を勧めらています。

でも、「処方食は与えたくない」・・・と思ってる方も沢山いらっしゃるようです。

処方食といっても、
所詮は英語表記にあるBHAを日本語では書いていなメーカーや、
リコール対象だったメーカーが作っていたりする訳で、
とても不快な我慢できない臭いがするフードなんですね・・・・・。



では、私なりのTさんへのお返事をご紹介させていただきたいと思います。

前半は、ヤラーをご注文下さった方へお送りしている
メルマガ?のようなお話を添付していますので、
ご覧になったことがある方もいらっしゃると思いますが
結構大事なポイントもあるかもしれないので、もう一度お読みいただければと思います。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

T様

泌尿器系の疾患ですが、前回のご注文を頂いた祭に
発送完了のお知らせでお送りしたメールをご覧いただくと、
まず、何故結石などの疾患が起きるのかご参考にしていただけると思います。

長くなりますがもう一度貼り付けてみます。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

最近のブログでは、肝臓の疾患にスポットを当ててみました。

肝臓は解毒臓器なので、毎日体に入ってきた『毒』を解毒してくれています。

でも、入ってくる『毒』の量が、解毒能力を上回るほど沢山になってしまうと、
肝臓が悲鳴を上げてしまいます。

かといって、体を守るには、やはり『毒』は解毒しない訳にはいきませんね。

そうすると今度は、「ろ過」担当の腎臓が、解毒の肩代わりをしなくてはいけなくなり、
結構デリケートな腎臓が、今度は結石だとか、膀胱炎などのトラブルに見舞われたり
・・・と言うことになってしまいます。

やはり生き物の体は、機械の修理のように簡単にはいきませんね。
それぞれの臓器が、深いつながりを持って、実に精妙な働きをしています。

出来ることなら、何らかのトラブルを発症する前に、
予防として、健全な食生活をさせてあげたいと思います。

ペットは大切な家族の一員ですからね。

まずは最低限、食餌として『毒』が入ってくるようなフードは
食べさせないでいきたいと思います。

今年も、健康なわんこやにゃんこでいて欲しいと願いつつ・・・。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

ヤラーとハーブで、肝臓の数値が正常になった!
結石が改善した!・・・と言うご報告もいただくようになり
とても嬉しくなる今日この頃です。

例えば、結石は、上の文にも書きましたが、単に泌尿器の疾患というだけでなく
肝臓がダメージを受けた結果引き起こされる可能性がおおいにあります。

『ハーブで健康/泌尿器応援ハーブ』は、そんな観点からも
ブレンドハーブの種類選定を考慮しております。

尿のpHは、一度バランスが崩れると、繰り返しになる傾向があるように感じます。
pHが正常になってからも、水分補給やハーブを忘れずに続けていただければと思います。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

以上が、お送りしたメルマガの文面ですが、
解毒臓器の肝臓がダメージを受けることがまず最初に問題です。

獣医さんに行くと、結石のことしか説明がないかもしれませんが、
生き物の体(臓器)は、それぞれが単独で動いている訳ではありません。
臓器同士の密接な関わりや、頼りあい、又は相克と言って、攻撃する作用などもあります。

なので、結石も皮膚トラブルも何でもそうですが、
表面に現れている症状だけに目を奪われてしまうと
根本的な解決方法を見落としがちなのも事実です。

獣医さんでは処方食とか療養食とかいわれるものを勧められますが、
例えば、日本語表記では書かれていないけど
英語表記にはBHAと明記されているロイ〇ル〇ナンが作っている「ウォ〇〇ム」とか、
サ〇〇〇ス(〇ルズ社)あたりが主流のようですが、
原料を吟味している物、ヤラーのようにオーガニックの認証があるものなどはありません。
(やっぱり、腐敗したタンパク質や酸化した油脂の、気持ち悪い臭いがします)

ただ単に、結石だからマグネシウムの添加を減らしてあるなど、
その場しのぎの対策を講じているものではないかと思います。

処方食で、一時的にストルバイトが消えたりもするようですが、
根本的な部分にまで配慮していないので、結局又再発をして長期的な繰り返しになります。

Tさんと同じようなご相談をいただくことも多く、
皆さん、フードの怖さを実感していらっしゃるので
処方食は絶対に使いたくないけどどうすればいいですか?とおっしゃいます。


ヤラーとハーブで改善してきた方も増えました。

要は、肝臓にダメージを与えない。
(酸化防止剤の添加や、農薬・抗生物質の残留の心配のあるフードは禁忌です)

水分補給を増やす。

利尿効果のあるハーブと尿管保護作用のあるハーブを使う。
(ハーブはフロセミドなどの合成薬に比べると効果の発現に時間がかかるかもしれませんが
 副作用や肝臓への負担の問題を考えると、結果的には効果的だと思います)

ヤラーに「ハーブで健康/泌尿器応援ハーブ」を併用していただき、
水分補給に気を配っていただくのが一番ではないかと思います。

どうしても水分を飲みたがらないようでしたら、ヤラーのウエットフードを主体にしていただくと
ドライ主体で行くより、水分補給の面では、水分が摂り易いと思います。

宜しくお願い致します。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

肝臓は解毒臓器と書いたように、体に入ってきた「毒」を排出してくれる臓器です。

「毒」となりうる要因は

1】水の汚れ
2】空気の汚れ
3】食品添加物・農薬など
4】高たんぱく・高脂肪食
5】抗生物質などの医薬品
6】アルコール・カフェインなどの嗜好品

6】に関しては、わんちゃん・ねこちゃんは無縁だと思います。

解毒だけでなく、体を維持するための沢山の働きをする肝臓。

『沈黙の臓器』といわれるように、限界まで黙々と働いてくれます。

肝臓がダメージを受けないよう、
飼い主さんも、わんちゃん・ねこちゃんも、
日頃の生活習慣に気を付けたいものですね。




カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。



お肉アレルギーではありませんでした。

2008年01月10日 (木) | 編集 |
今日はこちらのコメントから、
お肉のアレルギーって何なのか考えてみたいと思います。




今日は。
いつもお世話になります。

ウチのもも(フレンチブル女の子7ヶ月)は、
いつも痒がっており皮膚の状態も悪かったので、
獣医さんでアレルギー検査をしてもらった結果、
「お肉を食べさせてはイケマセン」と言われました。

すぐに手作り食の本を買ってきて、お米とお野菜を中心としたおじやをつくりました。

しかしお野菜を避けてお米だけを仕方なく食べる始末。

数日間で激ヤセ状態になってしまい、このまま放っておくわけにいかず、
検索しまくって、るしあんさんに巡り会いました。

お肉アレルギーなので、ベジタリアンを注文したいとお電話すると、・・・
「それって本当に肉アレルギーでしょうか?
ただ単なるフードアレルギーの可能性もあるかもしれません。」

一度、ホルモン剤や抗生物質を使用していないお肉を食べさせて
様子を見るよう勧められたので、
生協さんのお肉を一週間ほど与えてみました。

ところが何と、お肉アレルギーと言われたのに何の症状も出ませんでした。!!

これには本当に驚いてしまいました。

今では毎日、ヤラーのセンシティブを美味しそうに食べていますが、
アレルギーとは無縁の生活ができるようになりました。

本当にありがとうございました。




まずは、ももちゃんがお肉アレルギーではないことが証明されて良かったです。

何しろ、毎日お肉入りのヤラーセンシティブを食べているのですから。


本当のお肉アレルギーなら、それなりの食生活を送らせれば済むことですが、
お肉アレルギーでもないのにお肉アレルギーと思い込み、
お肉を絶対的に食事から切り捨てることは、
飼い主さんにとっても精神的に結構大変なこと。

本当に良かったです!


それでは、何故お肉を食べても大丈夫なももちゃんが、
お肉アレルギーと診断されてしまったのでしょうか?

これは、偽物のプレミアムフードを食べている子には誰にでも起き得ることで、
お肉だけではなく、色々な食材に対して陽性が出てしまい、
これでは何も食べるものがなくなってしまうと思えるような結果が出ることがあります。

獣医師によるアレルギー検査の方法が間違っているのではなく、
原因は、ペットフードに含まれている化学物質が悪さをしているようです。

化学物質の摂り過ぎで体が正常に働いておらず、
正確な検査値が得られなくなっており、何にでも反応してしまうことも多いようです。

ある意味、プレミアムフードを食べている子に、
アレルギー検査をしても無駄のような気もします。

それでも検査をし、ある食材に対してアレルギーと言われてしまったら、
ももちゃんのように、人間の食材でしかも有機(オーガニック)レベルのものを
続けて食べさせることで、本当にアレルギーかどうか知ることができると思います。

本当のアレルギーでしたら、食べて間もなく、
ひどい下痢・嘔吐・発疹・痒み・呼吸困難などのいづれかの症状が出るはずです。

(本当の食物アレルギーは、一万頭に数頭しかいないらしいです・・・。)


それでは、ペットフードアレルギーって一体何なのでしょうか?

読んで字の如く、そのままです。

ペットフードを食べると、メーカーや原材料に関係なく、
アレルギー症状が出てしまうことです。

もちろん原因は、ペットフードに含まれる化学物質です。


しかし検査によりアレルギーと診断されてしまうと、
飼い主さんは一生懸命、
我が子に合ったフードを見つけるフードジプシーになっていきます。

そして一時的に良くなっても、
いづれ又、何かしろの症状が出てしまうことがほとんどのようです。

何しろ原因は、毎日食べるペットフードなのですから・・・。



最終的には、処方食とステロイド・抗ヒスタミン剤などによる治療が始まります。

この方法で完治すれば良いのですが、
現実は薬漬けの生活の第一歩となることも多いようです。

何しろ、原因がペットフードかもしれないのに、
同属のペットフードで治療するなんて間違っているし、
体から悪い物を出そうとしているのを、薬で押さえ込んでしまうのも疑問です。


それどころか、あまりにもステロイドなどの使用が長引いてしまうと、
薬から逃れられない体になってしまいます。

薬を突然やめようとすると、薬のリバウンドが起きます。

人間と全く同じですよね。

人間でもペットでも、薬のリバウンドを経験されたり聞いたりしたことがあれば、
そう簡単には薬に頼りたくなくなるはずです。


いや、頼れなくなるはずです。



薬漬けの生活とリバウンドを避けるため、
他の方法を探しても良いのではないでしょうか?


まずは、徹底的に根本となる原因を追究してみることが大切だと思います。

例えば、食事の質や水分量や薬の副作用などから、
見直してみてはいかがでしょうか?

たったこれだけで、
家族の一員が健康な体に戻れたら、本当に嬉しいことですよね・・・。



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。