愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボな世界

2008年02月14日 (木) | 編集 |
最近、ペットの世界でも生活習慣病の引き金となる
メタボリックシンドロームが大きな問題となっています。


肥満は高血圧症や糖尿病、関節疾患などを引き起こす要因となりうり、
中には合併症を引き起こし死に至るケースもあります。
突然死の原因として、塩分過多や肥満による脳卒中も疑われることが多いようです。

ペットフード工業会が、飼い主さんを対象に行なったアンケート調査では、
犬は24.1%、猫は30.2%が「太っている」と感じているそうです。

これって、3~4頭に一頭はメタボかもしれないってことですよね。


メタボは、飼い主さんの責任であり、
愛情一杯で与えている食餌やおやつが、
実は量が多すぎてペットの寿命を縮める原因となってしまいます。

特に、高カロリーなペットフードや
栄養バランスのとれていない手作り食を食べている子、
不妊・去勢手術によりホルモンバランスの崩れた子、
高齢犬(猫)は注意が必要です。


脱メタボはペットも人間同様、
食餌のカロリーを落とし、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを保つこと、
適度な運動をさせることに尽きるようです。

「満腹にしてあげないと可哀相」・・・と考えるより、
「好きなだけ食べさせて寿命を短くしてしまったら可哀相」
と考えるべきかもしれません。

「食が細いので心配」・・・と案ずるより、
「食餌の質・適正食事量・運動量」
を見直すべきかもしれません。

家族をメタボにすることは、とても簡単なこと。
しかしメタボから抜け出させてあげることも、とても簡単なこと。
飼い主さんの考え方一つでコントロールできるのですから・・・。



世間一般では、「腹八分目」と言う言葉があります。

しかしマウスによる実験では、「腹六分目」で生活させた群が、
一番健康で長生きするそうです。


家族の一員に「腹六分目」では可哀相な気もするので、
低カロリーのフードで、ある程度の満腹感を与えてはいかがでしょうか?

例えばオーガニックフードのヤラーでいえば、
脂肪分6.5%のセンシティブなどは、メタボ予防にも最適かもしれません。


食餌と運動で、脱メタボを目指したいですね・・・。


【番外編】
メタボなペットの抱き方

これはメタボの子に限ったことではないのですが、
特にダックスやコーギーのように胴の長い子を抱っこするときには、
両前足の脇の下に手を入れて持ち上げると腰に負担がかかり
ヘルニアになってしまうことがあります。
×
hold1.jpg


前足と後ろ足付近を両腕全体で優しく包み込むように抱っこして上げて下さいネ。

hold2.jpg




カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

スポンサーサイト

ヒズメの販売・・・中止のお知らせ

2008年02月10日 (日) | 編集 |
るしあんで取り扱いしていた「ヒズメ」の販売を
中止させていただくことに致しました。


今迄に、沢山の方々からご注文をいただいていたのに、
突然のご報告で、大変申し訳なく思っております。

ヒズメの販売を中止する理由は、
輸出国であるアメリカの牛の取り扱い方と、
『食』の安全性に納得いかないからです。


今月初めのTVニュースで、未だにアメリカでは、
『へたれ牛』を人間の食用として流通させていると報道していました。

その現場は、見るに耐えないもので、生きている『へたれ牛』を、
フォークリフトで押して転がしていくという残酷なものでした。

そして、食肉用として加工する・・・。


まったくもって、『へたれ牛』への対応は尋常とは思えないし、
狂牛病の恐れのある牛を、食肉にしてしまうのは言語道断だと思います。


このように、人間の食材に対しても不安が残るのですから、
わんこ用の食餌に対しては、もっと信用がおけません。

どのような牛のヒズメを使用しているか、
どのような処理・加工・衛生管理をしているのか、
全く未知数です。


私は今までも、アメリカの狂牛病に対しての考え方や、
ペットフードリコールに対して、大きな不安と不信感を抱いていました。

にもかかわらず、ヒズメは主食ではなく、噛むだけで減らないので
問題ないだろうと自分に言い聞かせていたような気がします。

与える前に煮沸消毒を行なってからご使用いただくという
ご提案もして参りましたが、やはり不安は残ります。

「たぶん大丈夫だろう。」・・・と言った軽い気持ちで食品を販売してはいけないと、
最近の中国・アメリカ・日本の『食』の問題で、つくづく痛感させられました。



少しでも疑わしきものは販売せず、
本当に安心できる高品質なものだけを、ご紹介して参りたいと思います。

宜しくお願い致します。



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。



テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

中国産原料に関する緊急のお知らせ!

2008年02月06日 (水) | 編集 |
ヤラーは中国産の原材料は使用していません

中国産の冷凍餃子事件で、人間の加工食品ですら
検疫の祭に農薬の検査が行なわれないことが明るみに出ました。


『ヤラーだから大丈夫だと思うけど、
中国産の原料は使っていないか、念のため確認させて』


こんなお問い合わせ殺到のため、
緊急のお知らせです!





もちろん、ご安心下さい。

『ヤラーには中国産原材料は一切使用していません』



ヤラーの原材料は、オーガニック認証を受けていますので、
トレサビリティーが保証されています。


「トレサビリティー」というのは、
どこで、誰が、どんな風にして育成・栽培したものなのか
すべての記録が残っていることです。

モスバーガーの店頭に書いてある
”〇〇さんの有機レタス”・・・みたいな感じで
生産者の顔が見える仕組みですね。

出所がはっきり分かっているので安心です。


一般的なペットフードには
残念ながら、原料産出国の明記はありません・・・・。

前回のブログで、日本に輸入されているペットフードは
中国産が多いことを書きました。

日本国内で製造されるから『国産』ではあるけど、
原料に中国産の小麦やとうもろこしを使っている
「国産?」フードだって、もちろん沢山あります。

と言うよりは、自給率39%の日本において、
日本産の原材料でペットフードを作るのには、無理があると思います。
人間でさえ、60%以上の輸入食材に頼っているのですから・・・。


昨年のアメリカ・カナダで起きたペットフード大規模リコールの原因も
中国産の小麦が原因だったように、
アメリカ産のフードにも、中国産原料は使われています。


でも、成分すら80%開示で良いのですから、
問い合わせが来ても、
「中国産は使っていませ~ん」
と嘘をつくことだってできてしまいます。

偽りの答えをしても、罰則も取り締まる法律もありません。


ヤラーは、オーガニック認証を受けるために
上記のトレサビリティーがはっきりしないといけませんので
嘘はつけません。



★ちなみに、ヤラーの使用原材料は、オランダ・フランス・ドイツで育成栽培された
オーガニック認証のお肉や野菜ですので、絶対的な保証がされています。


これからも、安心してヤラーをご使用していただけると確信しております。


カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

ペットフード国別価格

2008年02月03日 (日) | 編集 |
今回は、各国から輸入されるペットフードの仕入れ値を、高い順に並べてみました。

分かり易いように、
アメリカ産のペットフードを、
1kg当たり1,000円に換算した場合の価格で表示してみました。

(2004年度 の実数値 輸入国別フード仕入れ価格比較)

1.オランダ産フード      2,680円

2.中国産フード        1,760円

3.オーストリア産フード   1,260円

4.フランス産フード      1,240円

5.タイ産フード        1,020円

6.アメリカ産フード      1,000円

7.ドイツ産フード        910円

8.カナダ産フード       820円

9.イタリア産フード      720円

10.オーストラリア産フード  580円



いかがでしょうか?

何とも驚きの順番と価格になってしまいました。

現在、毒入り餃子で問題の渦中にある中国ですが、
その中国産のペットフードが、
オランダ産に続き、仕入れ値No.2になっているではありませんか・・・。

「自然食・人間の食材レベル・処方食」とスバラシイ言葉で飾られた、
世界各国の「自称プレミアムペットフード」が、
あの中国産より安いとは・・・。

ましてペット先進国は、中国や他のアジア諸国から
原材料を輸入しています。

輸入経費がかかる分、中国産フードより
原価も高くなるのは当たり前のはずなのに・・・。


この摩訶不思議な仕入れ値の現象は、主に二つの理由が考えられます。

●日本企業が、中国やタイで現地法人を作り、
 輸出をする時点で大きな利益を乗せているので、
 日本に輸入する価格が高くなってしまう。

●ペット先進国のプレミアムフードの原材料は、
 産業廃棄物なので、原価がタダ同然で仕入れ値も安い。


それにしても、多くの消費者が信用しきっている「プレミアムフード」が、
中国産やタイ産より仕入れ値が安いとは・・・。



そんな中、オランダ産のみが圧倒的な高値を放っています。

オランダ産は、アメリカ産の約2.7倍の仕入原価であり、
第3位のオーストリア産でさえ、オランダ産の半値以下です。
10位のオーストラリア産と比べると、何と4.6倍も仕入れ値が高くなっています。


上記の表に基づき、
アメリカ産のペットフード2kgが3,000円で販売されている仮定すると、
オランダ産は、計算上2kgで8,040円で販売されることになります。
オーストラリア産は、2kgで1,740円の計算になります。


それでは、実際の販売価格はどうでしょう?

世界各国から輸入される「自称プレミアムフード」は、
どれをみても同じような値段で販売されているようです。

私個人の私見としては、
正規代理店の商品に関しては
上記データの示す仕入れ金額が、
実際の販売小売価格にあまり反映されていないような気がします。

【しかし、並行輸入品の小売値段は、仕入れ値から考えると妥当と思われます。】


逆に、日本企業が参入しているため、
仕入れ金額が高くなっているタイ産や中国産が、
プレミアムフードよりお手頃価格になっているのは何故でしょう?

これは、各企業の値段の設定の仕方によるものなので、理由の断定は出来ません。


いずれにせよ、このような情報を得てしまうと、
ペットフードの小売値段は、フードの内容同様、
あまり当てに出来ないものなのかもしれません。

しかし、『安物買いの銭失い』や『安かろう悪かろう』などの格言が、
ペットフードにも当てはまるような気もします。


いつの時代でも、消費者は色々な情報を集め、
本物を見抜かなければならないのではないでしょうか?




【まめ知識】

正規品と並行輸入品との違い

正規品とは、
A国の商品を、直接メーカーから日本の輸入代理店が輸入したもの。
輸入代理店は、A国のメーカーと独占で商品を輸入する契約を結んでいるため、
他社は、直接メーカーから輸入できない。

並行輸入品とは、
A国のメーカーから直接仕入れるのではなく、
例えば、A国の問屋やA国のメーカーから、
B国の輸入代理店がB国へ輸入したものを、B国から日本へ輸入したもの。
このため、並行輸入品は、輸入過程にワンクッション多く入るため、
一般的には、正規品より仕入れ値が高くなる場合がほとんどです。
にもかかわらず、並行輸入品の方が安く販売されています。





カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。