愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オメガ3とオメガ6

2008年03月27日 (木) | 編集 |
前回の「総合栄養食」と共に、ペットフードの内容に対して多いご質問が、


「ビートパルプを使用していますか?」

「オメガ3とオメガ6を添加していますか?」などなどです。


「ビートパルプ」に関しては、
その裏の顔が、色々な情報源で問題視されるようになってきたので、
使用していないものを選択される方々が増えてきました。

ところが、脂肪酸の「オメガ3と6」に関しては、
一時期の「ビートパルプ」のように、良い面ばかりが謳われているので、
それが添加されているフードを求める方々も多いようです。


それでは、本当に「オメガ3と6」を、
ペットフードに添加したほうが良いのでしょうか?

私たちが考える結論から申し上げますと、答えは「No」です。


確かに、オメガ3脂肪酸が代謝されてできる「生理活性物質」の働きには
抗炎症効果があります。

例えば、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や、リウマチ、関節炎、膀胱炎などの
炎症を抑えるのが、オメガ3から発生する生理活性物質なんです。


皮膚トラブルがある、膀胱炎などを起こしやすい、
消化器系の炎症が起きやすいなど問題を抱えたペットには、
お試しの価値が大いにあると思います。

又、特にトラブルはないけれど、毛並みや毛艶を良くしたいという場合にも
オメガ3脂肪酸は効果があると言えます。


しかし、ここで一つ注意していただきたいのは
オメガ3脂肪酸はとても熱に弱く、酸化しやすいということです。

つまりペットフードの製造過程でオメガ3を添加しても、
加熱されることで効果がなくなっているのです。

それでは、製造後に添加すればいいのかというと、
実際にペットがそれを食べるまで
酸化させずにキープするのは至難の技です。

BHTやBHAなどの強力な酸化防止剤が必要になってきます。

そのため、
「オメガ3の効果」と「酸化防止剤の害」を
天秤にかけなければならなくなります。


もし酸化防止効果が不十分なら、
「オェ~」となってしまう甘っとろいツーンとした
あの、酸化した油特有の臭いが立ち込めるはずです。


酸化してしまったオメガ3脂肪酸は、
細胞膜を傷つけるなどの悪さをする方に働きます。

これでは、せっかくのオメガ3が逆効果になってしまいますね。


一方、オメガ6脂肪酸は、
コレステロールを下げたり、血圧を下げたりする作用があると注目されました。

しかし、摂りすぎると、善玉コレステロールまで減らしてしまい、
がん、アレルギー疾患、心臓疾患、老化などを促進し、
免疫力を下げるという副作用があります。

また、オメガ6脂肪酸が代謝されてできる生理活性物質は、
炎症を激化してしまう働きをしてしまいます。



酸化しやすいオメガ3を、
酸化防止剤の害を心配しながら
前もってフードに添加する価値があるでしょうか?

すでに摂取過剰傾向にあると言われるオメガ6を
わざわざ、さらにフードに添加する必要があるでしょうか?


それでは、せっかくのオメガ3脂肪酸の効果を
取り入れる良い方法はないのでしょうか?

とても簡単です。

フラックスシード(亜麻仁)油か、えごま(しそ)油を
フードに小型犬なら数滴たらしてあげればOKです。

皮膚トラブル・膀胱炎・消化器・毛艶などにお悩みの場合は、
試してみる価値は充分にあるはずです。

しかし、これらの油は酸化しやすいので冷蔵するなど
保存には充分注意して下さい。

【ただし、この方法は、オメガ3と6を添加していないヤラーをお使いの方や、
手作りをされている方には有効だと思いますが、
プレミアムフードをお使いの方には、
油脂の過剰、カロリーの過剰などの問題が生じて不適切かもしれません。】


脂肪酸の代謝や生理活性物質についてもうちょっと知りたい方は
続きを読むをご覧下さい。



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ




[続きを読む...]
スポンサーサイト

総合栄養食

2008年03月22日 (土) | 編集 |
「総合栄養食」って言葉を、皆様も一度は聞かれたことがあると思います。


聞いたことが無い方にとっては、「宇宙食?」と思ってしまうほど、
スバラシイ響きの言葉ですよネ。

しかし実は、ペットフード業界がペットフードを販売促進するための造語なんです。
ですから、人間の食事に関しては存在しない言葉であり、
もちろん「宇宙食」とも何ら関係ありません(~_~;)。


ペットフード業界で、「総合栄養食」を謳い文句にして販売することは、
遺法ではなく自由であり結構なことだとは思いますけど、
もともと栄養学も確立していないのに、
「総合栄養食」って何ぞや?と思ってしまいます。

「総合栄養食」って、「プレミアムフード」や「人間の食材レベル」と同等の
得体の知れない言葉ではないでしょうか・・・(~_~;)。
と言うよりは、とっても嘘くさ~いと感じてしまいます。


ところが、「総合栄養食」で検索してみると、
この造語を信用してフード選びの基準にしている方々が
あまりにも多いことに驚かされてしまいます。

そして、沢山のペットフードメーカーだけではなく、
獣医さんまでもが推奨していることは、さらに驚きです。



確かにドッグフードが一般的になってから犬の寿命は延びました。

理由は、手作り食では補いきれない栄養バランスを満たしてくれるからでしょう。

一例ですが、
私もブリーダーとして、ドッグフードと手作り食による
出産と母犬の状態の違いは沢山経験してきました。

一般家庭のように、一生に数回の出産なら手作り食でも大丈夫かもしれませんが、
ブリーダーのように毎回出産させていると、
手作り食では、あっという間に母犬がボロボロになってしまいます。

しかしドッグフードですと、母体の戻りも早く、順調に生理も来ます。
男の子なら、より多くの元気な精子が顕微鏡で確認出来ます。
(これはあくまでも私が調べた範囲のことです。)

他のブリーダーさん達も、手作り食には挑戦するのですが、
「何かが足りない」と、いづれはドッグフードに戻ってしまいます。

(もちろん手作り食には、安全な食材を選べると言う利点もありますが、
落とし穴も沢山あります。)

だからブリーダーさんを含め一般の方も、
「総合栄養食」なる言葉に余計に魅了されてしまうのかもしれません。

そして、ペットフードメーカーが
「総合栄養食」と言いたくなるのも分かるような気がします。



しかし「総合栄養食」なる言葉には、何の認可も認証もなく、
どのペットフードメーカーも勝手に使用して良いのです。

こんな「総合栄養食」と言う言葉が、本物を選ぶ手がかりになるのでしょうか?



意味不明な謳い文句を基準にするより、
ペットフードの粗悪な材料と添加物の弊害によって、
ガンや皮膚トラブルやアレルギーが多発している事実を
見直すことも大切ではないでしょうか?



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ



テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

便秘ではありませんか?

2008年03月11日 (火) | 編集 |
今回は、飼い主さんと愛犬のウンチについて書きたいと思います。
(スミマセン、唐突で・・・。)



更に唐突な質問ですが、ウンチって何からできているかご存知ですか?

そりゃ「食べ物のカスに決まっているでしょう!」
と怒られてしまいそうです(汗)。


確かに、ウンチには食べ物のカスも入っていますが、
実は80%が水分なんですね。

残りの20%が食物のカスと腸内細菌と粘膜の剥がれ落ちた物なんです。

食物のカスは分かりますが、
水分や腸内細菌や粘膜まで出てしまうのでは心配になってしまいませんか?

しかしこれが新陳代謝の一環であり大切なことなんです。

はやり出るべきものは、出さないといけないんですね・・・。


便秘がちになると、
便を食べて増殖する悪玉菌が増えて新陳代謝を妨げてしまいます。
新陳代謝がうまくいかなくなると、
色々な病気を引き起こす原因にもなりかねません。

皮膚に異常が出ることも、そうのうちの一つ。

人間の場合なら、例えば吹き出物やニキビなど。
わんちゃんの場合なら、痒み・フケ・体臭やアレルギー症状などなど・・・。

やはり充分な水分補給は、新陳代謝を促し便の量も増やしてくれるので
人間にもわんちゃんにもとても大切なことのようです。



話しは変わりますが、
「ヤラーを食べ始めてから、
排便がスムーズになり回数と量が増え健康的になりました。」
と言う喜びの声と、

「便の量が増えたけれど、
これって消化できていないってことではないですか?」
と言う不安の声があります。

確かに、硫酸系の副作用を利用したビートパルプ入りのフードなら、
固くて小さい便になります。

でもこの便は、実は新陳代謝が上手くいっていないというS.O.S.なのです。

わんちゃんにとっても自然の原理であるはずの排便を、
粗悪な原材料で製造されたフードはお腹を壊しやすいので、
薬の力で無理矢理に小さくて固い便にしてしまっているのです。


人間の一日の便の理想量は、バナナ3本分にもなるそうです。

バナナ3本という理想量には驚いてしまいますが、
わんちゃんの便の量も、人間から換算すると相当な量となるはずです。

飼い主さんもわんちゃんも、便の量が増えることは、
栄養が摂れていないと心配することではなく、
新陳代謝が上がり、健康になったと喜ぶべきことのようです。



【豆知識】

人間のウンチは、すぐに沈んでしまうものよりも、
浮いている、又は少し経ってから沈む方が良いとされています。
理想的な水分の多いウンチは、
水と比重が近く食物繊維が沢山含まれているからです。

ワンコや肉食動物のウンチは、食物繊維が少ないので沈むことが理想です。
食物繊維が多すぎて浮いると言うことは、本来の腸の短いワンコ達にとって、
食餌が体に負担をかけていると言えます。


カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ



膝蓋骨脱臼と診断されたら・・・

2008年03月02日 (日) | 編集 |
今までに沢山の方から、
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)についてご質問を受けたことがあります。

又、私自身にとってもブリーダーとして大切な問題です。



今やネットの時代ですから、膝蓋骨脱臼と検索するだけで
沢山の情報が得られますので、詳しくはそれらのサイトにお任せするとし、
今回は、私の勝手な私見を書きたいと思います。

しかし、私の勝手な私見を書かせていただくにしても、
膝蓋骨脱臼についての最低限の説明だけはさせていただいてからにしたいと思います。

膝蓋骨脱臼とは、後ろ足のヒザが外れてしまう疾患のことで、
程度によりグレード1~4として判断されます。

グレード1と2は、手などで圧力をかけることにより外れてしまうが
           自然に戻り、生活に支障はないレベル。
グレード3と4は、簡単に外れる、又は外れっぱなし、
           歩き方も変で手術が必要な場合もあります。



ご質問の内容は、「獣医師に膝蓋骨脱臼の疑いがあるので
あまり動かさないようにし、サプリメントを摂るようにと勧められたのですが、
どの程度まで動かさないようにして、どんなサプリメントを与えたら良いですか?」
といったものが多いようです。

確かに、「あまり動かさないように」と言うだけでは、
説明不足で飼い主さんは心配になってしまうと思います。

例えば、自転車で引き運動などをするのは良くないと思いますが、
遊んだり自由運動は逆に必要だと思います。

適度の運動により、関節を支える筋力や靭帯が鍛えられ、
脱臼しにくくなります。


又、サプリメントは本当に効果があるのでしょうか?

膝蓋骨脱臼が起きる原因は、
骨の溝が浅いため、お皿が骨の溝から滑り落ちてしまうためです。

そのため、手術は浅い溝を深く削ったりボルトで固定したりします。

こんな手術が必要なのに、サプリメントで浅い溝を深くしたり、
都合よく膝の部分の筋肉を強化するのは無理のようにも思えます。

サプリメントに頼るよりも、適度の運動と
低脂肪の食餌を摂らせ体重管理をし
膝に負担をかけないようにしてあげることが大切だと思います。




膝蓋骨脱臼は、小型犬に多いとされています。

小型犬を専門にブリーディングしている私の感覚ですと、
新しい飼い主様にお渡しする60日前後の仔犬では、
殆どの子が膝蓋骨脱臼グレード1~2と言っても過言ではないと思います。

骨格や筋肉や靭帯が未発達のため関節が固定しておらず、
外し方のコツを知っていれば簡単に外すことができてしまいます。

それでも本当に、医学書に書いてある通り、
膝蓋骨脱臼と判断してしまって良いのか疑問に感じています。

生後60日くらいまでは、簡単に脱臼させられる子達が、
6ヶ月~1年と経つうちに、手で脱臼をさせることが難しくなってきます。

もちろん、医学書に書いてあるようにグレードが上がり、酷くなる子もいるようですが、
私の経験上ではとても稀なことのように思えます。

しかし、本当に酷くなってしまった場合は、
是非、手術を考えてあげて下さい。



テレビで、前足だけで歩くわんちゃんをご覧になったことがある方も多いと思います。

彼(彼女?)は、普段は4本足で動いていますが、
動きが早くなると前足2本で逆立ちをしながら
長い距離を走ることができるのです。

テレビのゲスト達は、「すご~い・かわい~・どうやって仕込んだの~」などと
感動しておりましたが、実は彼にとっては非常につらいことなのです。

膝蓋骨脱臼のグレードが3~4に達しており、
痛くて痛くて後ろ足を使って思いっきり走れないのです。
そのため、仕方なく前足だけで歩いているのです。

逆立ち歩きは、彼にとっては芸ではなく生きるための方法なのです。

彼こそ、絶対に手術が必要な状態だと思います。




膝蓋骨脱臼は、とても繊細な問題で簡単に答えを出せないかもしれません。

しかし膝蓋骨脱臼と診断されてしまったら、
下記のような考え方も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?


抱っこをしてた時などに、「カクン」と音がする程度(グレード2)くらいなら、
メタボにさせないことと適度な運動を心がけ、その他はあまり気にしない。

歩き方が変だったり痛がっているようなら、信頼のおける獣医さんで
詳しく説明をしていただいて、納得してから手術を受ける。



そして、時にはセカンドオピニオンを求めることも大切だと思います・・・。



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。