Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

ブリーダーの手作り食:ヨーグルトディナー

今日のヤラープラスわん




【ヤラーディナーフードとは】
ヤラーのディナーフードには、玄米やとうもろこしの粒がそのままの形で入っています。
ぬるま湯をかけて与える、ヨーロピアンタイプの「手作り食感覚」のフードです。

 今日のヤラープラスわんは、ヨーグルトのトッピングです。ヨーグルトは犬達の大好物ですし、胃腸の弱い子や食の細い子には特にお勧めです。プロバイオティクスのプレーンヨーグルトがあればさらに良いです。

ヨーグルトの効用

タンパク質、カルシウム、ビタミンAなどが豊富に含まれる。
ビフィズス菌などの乳酸菌を増やし、腸内を綺麗にする効果があります。

 人間は腸内細菌の叢(くさむら、むらがり)の状態により、その人の寿命が決まるといわれています。ビフィズス菌等の良い腸内細菌が多いと若々しく肌も美しく風邪も引かず健康で長寿となる。このことは腸内細菌の叢が良いと免疫(8種類)が強くなる。即ち、白血球やリンパ球などが正常になり、ガンに掛かりにくく、風も引かず、アトピーや花粉症が完治すると言われています。勿論、適度の運動、食事のバランス、よく噛むこと等をしなければなりません。分かり易く説明したいので人間を例にしましたが、犬にも当てはまります。

 日本人に多い胃がんや胃潰瘍はストレスではなくピロリ菌によるものと最近判明しました。今までは、ピロリ菌を殺すには抗生物質が使われましたが、ヨーグルトの生菌(ビフィズス菌)を服用すればピロリ菌を完全に抹殺できることが分かりました。特に、バイオティクスの表示のあるヨーグルトは、人間よりも胃酸が強いため、善玉菌が腸まで届きにくいと言われている犬達にも有効です。与える一日量の目安は、5kgのわんちゃんでしたら10~20gのようです。

 余談ですが、最近は「牛乳は百害あって一利なし」と言い切るお医者さんが増えてきました。私達が子供の頃には、牛乳はカルシウムが豊富だから毎日飲みなさいと言われていたのに・・・・・。
世間では、牛乳と豆乳の勢力争いが激化しているようです。確かに、犬達に牛乳を与えると脂肪が多すぎるためお腹を壊す子が多いのは事実です。我が家では、栄養面・抗生物質の安全性・消化の良さなどを考えて豆乳を与えています。但し、過剰摂取には気をつけています。


ヤラープラスわんを食べている我が家のワンちゃん達のページ
私達がご説明する ヤラーフードのページ
 
関連記事
スポンサーサイト

Category - 手作りとプラスわん

0 Comments

Post a comment