愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都合が悪いモノは殺してしまえ・・という発想

2006年06月02日 (金) | 編集 |
ここ何日間か、レモンの虫除けとフロントラインについて書きました。

レモンの虫除けは、虫を殺してしまうものではありませんので、
もしかしたら、根性のある?虫が来て、刺されたり噛まれたりする可能性を
完全に否定できるものとは言えません。

虫がいる環境に行かせていただいた時に、私達に近づくのを、
ちょっとだけご遠慮いただくためのものですね。

生きているのは人間だけではないと認識して
共に生きている生き物と、空間を共有する生き方と考えることができますね。

フロントラインは虫を完全に殺すことができます。
その代わり、人間や犬にも、害を及ぼす可能性が高いと思います。



これって、西洋医学と東洋医学の病気に対するスタンスと、
何となく似かよっている気がしませんか?

西洋医学では、病気の部分的な箇所に焦点を当てて考えますよね。

例えばガンに対しては、病巣の部分に放射線をあてて、
ガン細胞を殺そうとする治療が行なわれる・・・という感じですね。

でも、ガン細胞に照射された放射線は、周りの正常な細胞にも影響を及ぼします。
化学薬品が虫を殺すことができるけど、他の生物にもダメージを与えるのと同じですね。



東洋医学はというと、体全体のバランスから、全身を診て判断します。
そして「養生」という言葉があるように、日頃の生活を重視する点も、
西洋医学の対症療法とは、少し違った観点なのかもしれません。


では、どちらがいいのでしょうか?

以前、ブログの記事にも書きましたが、科学の進歩の恩恵を享受することを
全面的に否定しまうことの愚かさも、身にしみて体験しましたし、
例えばここ何日かでクローズアップしてきたフロントラインも、
時と場合を選んで、必要に応じて使用することも必要だと思います。


でも、日頃の「養生」で、病気になる確率をぐっと下げることって
可能なんじゃないでしょうか?


今までも、ドッグフード・シャンプー・飲み水やお薬について、
日頃の「養生」を重点に据えた記事を書かせていただきました。



私達が暮らしているのは、周囲に化学薬品がいっぱいの環境です。

そんな中で、少しでも害のあるモノを体内に入れない工夫してあげられたら良いですね。

人間は自分で体調管理をしますが
わんこは全てを飼い主さんに依存して生きています。

選んで与えるのは飼い主さんなんです。



愛するわんこが、より自然体に、より健康な生涯を送るために
飼い主として何ができるのか。

そんな方法を、今後もさらに探っていけたらと思っています。


あなたは、虫は完全撲滅派?僕らはみんな生きている派?
1日1ポチ、押していただけましたら嬉しいです!

人気blogランキングへ
FC2ブログランキング


ヤラーフードについてもっと知りたい時は
 


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
早速家も、自家製レモン虫除けを作り
ナナや家族で使用しています。
まだ、効果の方は、解りませんが
市販の虫除けより、安心感がありますね。
それと、バトンの件は、しっかり受け取り、次の方へ
まわしましたよ~♪
2006/06/02(Fri) 23:38 | URL  | ナナママ #-[ 編集]
『生きているのは人間だけではないと認識して 共に生きている生き物と、空間を共有する生き方と考える』
・・・そうですね。自然と共生していますね。
アブラムシはお尻から蜜を出してアリにご馳走し、お礼にアリはアブラムシを外敵から守る?!
テントウムシは可愛い顔して、アブラムシをすごい勢いで食べる?!
私たちにとっては益虫でも、殺虫剤をまくとあっという間にテントウムシも死んでしまいますし、その匂いが草に残っていると、庭にやって来てくれなくなってしまいます。
虫たちにもドラマがあるようで、すぐに殺虫剤をまかないで、あたりを見回す余裕を持ちたいと思いながらも、ノミ・ダニ・蚊には過敏になってしまいます。
2006/06/02(Fri) 23:59 | URL  | ムサシママ #-[ 編集]
””日頃の「養生」で、病気になる確率をぐっと下げる・・・・””
そうですよね
犬は良し悪しを じぶんでは選べないです
飼い主が見極め選んでやっていかなくちゃいけないんですね~
わんちゃんは言葉が言えないから 足を舐めているのを見たら
どうして舐めているのかな~?・・・・・・ここで
飼い主は考え 寂しいからかしら・・・・それとも白癬症かしら・・・・とか
それで適宜 対応してやって そのときもなるべく体にやさしくなる処置を
やってあげていかなくちゃいけないんですね・・・
食べ物にしても おやつだからって 
売ってるおやつを当たり前のように ”ハイ どうぞ””なんて
やっていたら いつのまに病気になって・・・・・
見極めが大事なんですね
2006/06/03(Sat) 03:10 | URL  | niiniimama #-[ 編集]
全部がうまく共存がやっぱり一番いいんでしょうけど、やっぱりワンコ中心で考えてしまいますねー・・・。
2006/06/03(Sat) 05:34 | URL  | MのMとG #-[ 編集]
e-68 ナナママ さん
レモンの虫除け、作って下さったのですね~。ぜひ試してみて下さい。
フロントラインは農薬の一種ですから、どうしても使わなくてはならない場合に、注意して使うのがいいと思います。
バトン、ありがとうございました~。

e-68ムサシママさん
そうですね~。できれば蚊に刺されたくはないし、ノミ・ダニが付くのも避けたいですね。
相手を殺すものは、自分にも害があると、気が付かずに使うのもちょっとコワイし・・・。
上手に使って健康に過ごせるのが一番ですよね。
添加物の臭いがする犬には、虫が付き易いというのは、本当だと思います。
こんな点からも、害虫予防ができると考えると、薬品にばっかり頼らない生活も
結構可能なんじゃないかな~と思っています。

e-68niiniimama さん
お店に行って「絶対これ買って~」と、我儘言う人間の子供より、ずっと管理がしやすい反面、
全て飼い主さんの責任ですから、責任も重大とも言えますね~。
ヤラーを食べさせたり、石鹸シャンプーを使い始めて、わんこに良い変化が出てきたという
ご報告をいただくと、本当に嬉しくなります。

e-68 MのMとG さん
そうですね。やっぱり自分のわんこを第一に考えてしまいます。
それでいいと思います。
わんこのことを思って、わんこにいいものはなんだろうって考えていくと、
結局は自然にも優しい方法が浮かんでくるんじゃないかな~って思います。
2006/06/04(Sun) 09:41 | URL  | るしあん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。