Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

獣医のタマゴの成長記録・・・その2

Category - ルシアン雑記帳
こんにちは。

早速ですが第二回目の記事を書かせていただきました(^^)

今回は大学で学んでいる専門科目の話を中心にご紹介していこうかと思います。



今週はテストも一段落し、すっかり浮かれ気分になっております。

昨日は札幌にYOSAKOIソーラン祭りに行ってきました。
注:昨日=6月10日

いや~やっぱり生で見るとすごい迫力です!!

北海道のみなさんも冬眠から目覚めたようにすごい勢いで札幌に祭りを見学にきており、
札幌にもやっと春が来たなと感じる今日この頃であります。。。




大学構内の並木道もこんなに変化しました。







さて、ここ2週間の間に「生理学」、「組織学」、「組織学実習」という

科目のテストがありました。

その中の生理学について少し、、、


生理学では講義のねらいとして、


「消化管、体温調節、腎臓、呼吸器および酸塩基平衡について講義し、

正常な哺乳動物における生命現象を理解させ、

臨床において遭遇する様々な病態を理解するための基礎を修得させる」


とあります。



つまり、「正常な身体」について学ぶわけです。



たとえば、「正常な身体」では胃の粘膜はどのように保護されているか

ということをまず学びます。

そして、そこから「異常」がおきると、どのような変化が身体に起こるか

ということを考えていくのです。



この場合では、胃粘膜の保護のしくみが壊れてしまうので、胃内出血などの症状が引き起こされます。

授業では、胃内出血がどのような機序で引き起こされるかについても詳しくやります。

こんな感じです↓





単に、原因→結果


ではなく、


原因→過程→結果


と、過程をしっかり理解し、過程の部分を重点的にやります。


病気の過程の部分を正確に知ることは、

実際に、動物を診る時にとても大切なことであると思います。

何故かと言いますと、たとえば「E」という病気があるとします。

その病気になる機序は、


正常→A→B→C→D→E


だとします。


ここで、病気になる過程をしっかりと理解していないために、


正常→A→C→E


というふうに、間のBとDの過程があいまいになっていまっていると、

どんなことが起こるのでしょうか??


そうです、治療法が制限されてしまうのです。


全体をしっかりと把握していれば、

A→Bのところを治すか、それともB→Cのところを治すか、C→Dまたは・・・・

など色々な方向からアプローチできます。


一方、正常→A→C→Eとしか把握していない場合では、

A→Cまたは、C→Eの部分の治療が駄目だったときはもうお手上げ

ということになってしまいます。


当然、治療できる確率が落ちてしまいますね。

そうならないためにも普段から必要な知識を付ける努力をしないとならいのです。



また、最近は東洋医学も注目されており、

東洋医学と西洋医学の両面から治療に臨むことができ、

「他にもこういう治療法などもありますよ。」

といった感じでその患者さんにあった様々な治療法を

的確に提案できる獣医師になりたいなと思ってます☆



また、飼い主さんに何も説明もなしに治療をするのではなく、

飼い主さんと一緒に考えながら治療していく獣医さんになりたい☆



これから残りの5年間、目標に向かってひたすら頑張っていきます!







前回の3連続でお届けした、
イクラちゃんの皮膚トラブル全快記録を書いている最中に
獣医のタマゴさんから記事が送られてきました。

YOSAKOIソーラン祭りは6月10日の土曜日に見てきたようです。
こちらのページで画像が見られます。

奇しくも、治療をしないのが治療だった・・・・
なんて・・私が言ってる時に、タマゴ氏は、東洋医学の重要性について
またまた、インフォームドコンセントについて
考えを巡らせてくれていたかと思うと、ちょっと嬉しい気持ちにもなりました。

そして、治療をする際に、知識が無ければ、治療の選択肢が狭くなると言うことも
きちんと認識しているようで・・・
「その調子でしっかり勉強せいや!」と声を掛けたい気持ちです。



獣医のタマゴに応援ポチしてくれたら嬉しいです!

人気blogランキングへ
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

Category - ルシアン雑記帳

12 Comments

ひな*とむ姉さん  

授業、大変そうですね。私にはさっぱり分かりませんが、しっかり学んできてくださいね。
患者さんにあった様々な治療法を 的確に提案できる獣医師になりたいなと思ってます
飼い主さんと一緒に考えながら治療していく獣医さんになりたい

本当にそのような獣医さんになってくださいね。飼い主は儲け主義の獣医はいらないんです。
動物は勿論のこと、飼い主は獣医の卵さんのような獣医さんを待っています。
実際、なかなか出会えないんですよね・・・。
プレッシャーになるかもしれませんが、期待しています

2006/06/15 (Thu) 00:52 | EDIT | REPLY |   

獣医の卵  

コメント有難うございます。
これからも色々なこと(勉強だけではなく)を学んで期待に応えたれる獣医になるように
頑張りますのでこれからも応援宜しくお願いします。
全ての飼い主さんにとってベストの獣医というのが僕の目標です。
ひな*とむ姉さん 様の理想の獣医師像というのもがありましたら、
是非お教え下さい(^_^)☆

2006/06/15 (Thu) 02:09 | REPLY |   

MのMとG  

こういう志を持った獣医さんの存在は、とっても貴重だし、嬉しいことです!
一般の飼い主さんの病気などに対する知識って限られてるから分からないことの方が多いですから。
頑張ってくださいね!

2006/06/15 (Thu) 06:08 | REPLY |   

潮音  

YOSAKOIソーラン祭り

北海道が大好きな私には、息子さんからのレポートがとても楽しみです。夏・秋・冬の北海道は独身時代、毎年1~2度訪れていたので知っていますが、今の時期は行った事がないので珍しいものばかり。そして、獣医の卵さんとしてもレポートも分かりやすく説明されていて、Good!獣医さんを訪れる飼い主さんは、皆納得できる説明を望んでいます。獣医学&人学を環境の良い北の大地でしっかり勉強してきて下さいね!
東洋医学は、10年以上お世話になっています。今では、西洋薬は殆ど必要なくなり、薬類(漢方も含め)には敏感に反応する身体になりました。獣医さんとして、漢方や自然治癒力を高めるお水などの研究もして頂けると、とっても嬉しいです。
話しが長くなりましたが、フードをヤラーに切り替え始めてから、何もしないのに歯垢が綺麗に取れて、目やにもどんどん減ってきています。口臭も消え、これがオーガニックの力?と不思議な毎日です。るしあんさん、ありがとうございました。

2006/06/15 (Thu) 09:05 | EDIT | REPLY |   

niiniimama  

基礎中の基礎をしっかり見につけ そこから また
いろいろ探っていく研究熱心な獣医さんになることまちがいないですね
こんな素敵な獣医さんがいるといいのですが・・・
るしあんさん 素晴しい志をもったお子様がいらして心強いですね♪
こんな学生さんにエールを送りたいですね!
頑張ってください

2006/06/15 (Thu) 11:25 | REPLY |   

初夏  

飼い主も患畜も何も分かっていない場合がほとんどでしょうから、ご苦労は計り知れないでしょう。
でも、その志があれば・・・
どうぞ、あの先生じゃなくちゃと言われる獣医さんになって下さいね。
影ながら応援しています。

2006/06/15 (Thu) 16:54 | EDIT | REPLY |   

ヨーコ  

立派な獣医の卵さん・・一生懸命読ませていただいています。が チンプンカンプンv-402ポッ
何も知らない飼い主にはワンコは不安でしょうね。
そんな飼い主の強い見方になってくださいね。応援してます。
るしあんさんも心強いですね。

2006/06/15 (Thu) 17:09 | EDIT | REPLY |   

かえる  

むずかしぃ~v-12
あー、脳ミソって使わないと退化しちゃうのね(笑)
獣医のたまごさん。
先生になったら、オバカな飼い主さんにも理解しやすいように
易しい病状の説明をおねがいしま~す!

2006/06/17 (Sat) 13:54 | EDIT | REPLY |   

獣医の卵  

>>MのMとG様
コメント有難う御座います。これから卒業まで5年間ありますが、
きっと長いようであっという間に過ぎてしまうと思います。
卒業までに出来ることは全部やって頑張りたいと思います!

>>潮音様
コメント有難う御座います。
楽しみにして読んで頂けると僕もとても嬉しいです☆
この時期の札幌はまだまだ寒いですが、
それでも花が咲いたり、お祭りがあったりと、
街も冬眠から目覚めたというような感じがします。。
ただジャケットを羽織りながら祭りに行くというのも、
何だか不思議な感じがしますけど。。(^^;

薬に頼らなくて済むに越したことはありませんよね。
オーガニックって本当に凄いんですねえ!
僕もそんなに効果があるとは知りませんでした。
大学ではこういうオーガニックフードなどについては学びませんので、
こういう経験談を聞かせて頂けますととても勉強になります。

>>niiniimama様
本当に応援してくださって有難う御座います。
大学を卒業するまでに、色々と困難もあると思いますが、
これからも日々頑張って行きます。

>>初夏様
有難う御座います。
そういう獣医師になれるように頑張っていきたいと思いますので、
これからも応援宜しくお願いします!

>>ヨーコ様
コメント有難う御座います。
動物の病気を治すことだけでなく、
飼い主さんの不安を取り除いてあげるというのも
獣医師の大切な役割ですよね。
また、飼い主さんがちゃんと理解するまでしっかりと説明のできる
獣医師を目指してますし、きっとそれが出来る獣医師が本当にいい治療が出来ると思っております。
ですから、少しでも分からないことがありましたら、何でも獣医師に聞いてしまうのがいい
と思います。それに答えてくれるかどうかでも獣医師を選ぶ基準になるかと思います。

2006/06/17 (Sat) 13:55 | REPLY |   

獣医の卵  

>>かえる様
コメント有難う御座います。
手術などの腕だけでなく、飼い主さんに症状を分かりやすく説明できるというのも
獣医師にとっては大切な能力ですよね。
僕もそういう事が出来る獣医師になれたらいいなと思っております。
これからも応援宜しくお願いします!

2006/06/17 (Sat) 14:05 | REPLY |   

fuku  

獣医のたまご氏、頼もしいですね。
犬は言葉を話せないだけに、BとDの過程の曖昧さが命にもかかわってしまいますよね。
すでに、そういう事に気づいて勉強されているとは…スゴイ!です。
北海道での学生生活を楽しみつつ、勉強にも熱心に励んでいる様子がとても良く伝わってきます。
5年後、楽しみですね♪

2006/06/17 (Sat) 14:07 | REPLY |   

獣医の卵  

>>fuku様
有難う御座います。
これからの5年間さらに色々な事を学んで、
自分の糧にしていきたいと思っております。
今後とも応援宜しくお願いします!

2006/06/18 (Sun) 15:01 | REPLY |   

Post a comment