愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンネルコフ・・・その1

2006年07月05日 (水) | 編集 |
「ケンネルコフ」・・聞いたことありますか?

普通にわんちゃんと暮らしている方々には
あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。

しかし、ブリーダーやペットショップを営んでいる人間にとっては、
最も深刻な悩みの一つとしてあげられます。


「例えばドッグカフェでケンネルコフをいただくことも・・・」の記事でも書きましたが、
普通に家族の一員として過ごしているわんちゃんにも
実は他人事ではない病気なんですよ。

ドッグカフェに限らず、
動物病院・ドッグラン・トリミングルーム・ドッグショー会場など、
いろいろな場所での感染の可能性が考えらます。



「ケンネルコフ」・・・直訳すると犬舎の咳ですね。


感染した子を治しても、原因となるウイルスまでは死滅させることが難しく、
次から次へと感染していきます。

「犬舎の咳」と命名されているだけあって、
一度入り込むと犬舎中で「ケッー・ゲッー」と始まります。


咳といえば「コンコン・ゴホンゴホン」というイメージが浮かぶと思いますが、
わんちゃんの咳はそうではなく、「ケッーゲッー」となります。

喉に何かが詰まってしまい、
それを吐き出そうとしているような仕草と音が特徴です。


ケンネルコフは、犬パラインフルエンザウイルスが、
犬アデノウイルス2型などと混合感染しておこります。

犬パラインフルエンザウイルスと犬アデノウイルスの予防ワクチンは、
5種以上の混合ワクチンンの中には入っています。

「じゃあ、ウチはワクチン接種してあるから大丈夫だわっ!」

と思うのが人情ですよね。

でも、義理も人情もないのが病気の世界のようです。


そうなんです・・・ワクチンを何回接種してあっても
ケンネルコフにかかります。

それも幼犬だけでなく成犬でも簡単に感染してしまいます。

又、免疫もできず、何度でも繰り返し感染します。

本当に厄介な伝染病ですよね~。



獣医さんに
「ワクチン接種をしてあるのに、なぜケンネルコフになるの?」
と尋ねると

「仕方がないですね~。」
とどの先生もお答えになられます。

「だったらワクチンが効いていないと言うことではないですか?」
と再度質問すると

「でもワクチン接種をしてあれば、もし罹った時に軽く済みますよ~。」
とどの先生もお答えになられます。


しかし、何十回もケンネルコフを経験している私達から言わせていただけば、

ワクチン接種をしていようとしていまいと
近くにケンネルコフのわんこがいれば簡単に感染してしまいます。

それに、たとえワクチン接種してあっても、感染してしまえば症状に変わりはないし、
完治の時間にも全く関係ありません。
「軽く済む」・・・これって認識不足です。

・・・と、経験から断言しちゃいます。


何のためのワクチン接種なの・・・?
と、ワクチンに対する疑問がさらに大きくなってしまいます・・・・・。


・・・・ケンネルコフその2に続く・・・・



ケンネルコフ、かかったことがあるわんこも、ないわんこも、
ポチしてくれたら嬉しいです。

人気blogランキングへ
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっばり
そうなんだぁぁ~
だから ワクチンきちんとしている地区と
そうでない地区とで かかる数が違うのよネェ~
幸い我が地区は みなさんされているみたいだ・・と獣医さんが・・(~~)

ひづめ・・やはり怖いネェ~
ラッキーにはもっと大きいガム 骨を与えなきゃ・・
今年も我が屋のイベント 親ばか 面白画像コンテスト開催です。 詳しくはブログに書いてありますが 是非るしあんさんも参加してくださいね
2006/07/05(Wed) 23:42 | URL  | さらだ #B6Sud9Cs[ 編集]
とっても興味深い記事でしたぁ~!!
ウチの子が我が家に来たばかりの頃「ケンネルコフ」と診断されて
その時は初めて耳にした病気だったので獣医さんに詳しく聞いたり
ネットなどですごく調べたりしました。
その時ワクチン接種とは関係なしに感染するということも知りました。
感染しているワンコがもし散歩先の公園にいたら・・・と思うと結構怖いでした。
こういった病気にかからないような予防薬のような物があればいいのに・・・と何度も思いました。

るしあんさんの次の記事とても気になります!!
2006/07/06(Thu) 02:19 | URL  | ぴよこ #-[ 編集]
おかげ様で…
多頭我飼いの家だと、次から次へと、輪のようにぐるぐる回って、完治するのが大変だといわれてるケンネルコフ
我が家には、今のところやってきてません。
調子のいい仔は、ドッグカフェに連れて行くこともありますが…田舎で、特定のワンコたちとしか遊ばないのが、バリアーになってるのかも知れませんね。
咳をしてるワンちゃんには、人間も近づかないようにしてます。
2006/07/06(Thu) 13:13 | URL  | Just One #-[ 編集]
e-53さらださん
ラッキー君やジュニア君くらいの大きいわんちゃんは、
ひづめなんか一口でOKかもしれないですよね。
コンテストの過去画像拝見しました~。
皆さんすごいですね~。
編集能力のない私は、ぷりんに実際におかしな格好してもらわないと・・・。
ぷりんサン、やってくれるかな~?

e-53 ぴよこ さん
実際に経験されて、ワクチンが効かないこということがわかっていらっしゃるぴよこさん。
ワクチンが頼りにならないとなると、
予防は自己免疫力を高めることが一番なのかもしれませんよ。

e-53Just One さん
特定のわんちゃん達とはいえ、他のわんことの接触があるのに
Just Oneさんのお宅のわんちゃん達がケンネルコフにならないのは、
きっと皆健康なんでしょうね。
環境もお水もいいからかな。
2006/07/12(Wed) 00:38 | URL  | るしあん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。