Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

ワイルドライフ

Category - ルシアン雑記帳
多くの方のブログで話題になっている、繁殖場レスキューのお話・・・。

ニキティさんの呼びかけに心を打たれたのは私だけではなかったと思います。
レスキューレポート


この本の中にも、ビックリするほどそっくりな話題が載っていました。
ワイルドライフ VOLUME13 (13) ワイルドライフ VOLUME13 (13)
藤崎 聖人 (2005/07/15)
小学館
この商品の詳細を見る
ブリーダーの話題はコミック13巻終わりから14巻にかけて)

じつはこの本(本ではないですね、漫画です^^)長男から教わりました。
止血弁が付いた針が開発された、という話題が
コレに載っていたよ・・・とメールで教えてくれたのです。


少年漫画ですが、読者の年齢制限もなさそうなので、
つい先日、コミックを購入して早速読んでいたら、
三重でのレスキューのレポートに酷似したお話がありました。


この漫画「ワイルドライフ」は、茶髪の熱血獣医師が主人公です。

主人公は、生き物の中の”人間”だけを決して特別視しません。
人間も動物も同じように尊い一つの命としてとらえています。


動物に興味の無い少年が読んでも、
面白くないんじゃないかな?と思ってしまいました。
しかし、小学館漫画賞を受賞したみたいですから、
実は生き物を愛する心優しい少年達が沢山いて、
支持をしているのかもしれません。


ワイルドライフという題名の通り、野生動物の病気が主体ですが、
同じ生き物である犬にも当てはまることばかりです。
やはり、どんな動物も基本は同じだと強く感じさせられます。


万一、自分の愛犬が調子が悪くなっても、この本の知識があれば、
冷静にその原因を考えてあげられるかもしれません。

もちろん、獣医師の診断も必要ですが、薬に頼る前に、
その根本原因が何かを考え、取り除いてあげる必要があることを
教えてくれる本(イヤ、漫画です)です。



お話自体はフィクションですが、
実際の出来事を詳しく取材して、専門的なところまで追求して書かれているので、
気軽に読めて役に立つ、素晴らしい本だ(いや漫画です)と思います。

登場人物たちも、皆知らぬ間に「熱血獣医師・岩代鉄生」に共鳴していきますが、
読んでいる私も、岩代鉄生の生き物に対する情熱に感動しています。

時には感動し過ぎて、涙が止まらなくなってしまいます。



この本が本当に言わんとしていることは、「命の大切さ」でしょう。
どんな生命体も、懸命に生きようとしています。


そしてそこには、その「大切な命」を一心不乱に助けようとする
優しい人間がいる。

お金や世間体なんて関係ない、本当に命を守るためなら、
自分の命も顧みない岩代鉄生。

三重で助け出された犬達の繁殖者とは大違いです。

とても勉強になるし、久々に漫画を読んで泣いたり、怒ったり、笑ったりしたい方には、
特にお勧めできる本(いや漫画です)です。

注)第一巻は、ストーリーを知るためには読んだほうが良いですが、
はっきり言って面白くありません。(作者さんゴメンナサイ)
でも第三巻くらいからは、物凄いです!

勝手な評価★★★★★

動物は言葉をしゃべりません。
でも、心を通わせることはできるんだと思います。

そして、情熱は奇跡を起こす・・・ってことを、
素直に信じられるなって思える本(漫画ですが・・)でした。


ブログ更新とんでもなく久し振りです^^;
みんさまお元気でしたか~?

人気blogランキングへ
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

Category - ルシアン雑記帳

動物愛護 動物虐待 ブリーダー ペットショップ 獣医 繁殖

11 Comments

MのMとG  

今回の三重県のお話とてもショッキングでした。。。行き場のない怒りと悲しみがこみ上げてきて涙が止まりませんでした。
ワンコだって同じ「命あるもの」なのに・・・。
こんな酷い事がもう2度と起こって欲しくないです。

2006/09/02 (Sat) 06:19 | REPLY |   

メグママ  

同じ三重県民としてはずかしいです!

一昨日ネット上で繁殖場レスキューの話を知りました。私は同じ三重県民ですが、こんな事が同じ県内で起こって、悲しいです。同じ三重とはいえ、かなり遠くなので、お手伝いには行けませんが、微力ながら寄付をするつもりです。レスキューのレポは見たら涙が止まりませんでした。あのような惨状で生きていたワンコ達の生命力はすごいです。一生懸命に生きていました。レスキューされて、シャンプーされ、治療されてキレイになっていくワンコ達を見て、さらに涙が出ました。どうかステキな里親さんに恵まれるように祈りたいと思います。

このマンガは知りませんでしたが、私マンガ大好きなんですよ。医療ものなんか特に好きです。なかなか読み応えのありそうなマンガですね。買って読んじゃおうかな~。

2006/09/02 (Sat) 09:30 | EDIT | REPLY |   

みわ  

はじめまして。fc2の検索で見つけて訪問させて頂きました。
この、お話・・知らなかったです。
そして、なんとも言葉になりません。
私の家にも、ある個人の繁殖家?と言うか、ブリーダーと言うには、ほど遠い方の下、過ごしていた繁殖引退犬が3匹いますが、
この今回のレスキューの場所より、やや、まともだったとは言え、それでも、なんでこんな状態にするの?といいたくなるような子達でした。
声は当然、取られていますし、ゲージ以外を知らないので、引き取ってからは大変なことも多々ありました。
それをも凌駕するような、この状態に、なんとも悲しくなりますし、本にもなった「ばっちゃん」や、少し前にあった静岡の繁殖場レスキューを思い出します。
まだまだ氷山の一角なんでしょうか・・
本当に犬と言う生体を知り、本当のブリーダーとして頑張っている方もいると言うのに。。

はじめて訪問したのに長々とすみません。
漫画、なかなかよさそうですね。
私も買って読んでみようかなぁ。

また、遊びにきます!

2006/09/03 (Sun) 01:05 | REPLY |   

Just One  

こんにちは!

こんな大量生産されたワンコを知らないうちに、飼っている人がたくさんいるんですよね。
自分が、ずーっと一緒に暮らすワンコだから、どこでどんな親から生まれたのか、ちゃんと飼い主がチェックすれば、こんなブリーダーからは、誰も買わないのに…
安易に、ショップなどで衝動買いする勉強不足の飼い主さんたちが居なくなるのが、悪質ブリーダーを全滅させるには一番いい方法だと思うけど…
ワンコを飼う=ペットショップ
って考えてる人が多すぎる!
このブリーダーに飼われてた犬を、かわいそうにって感じるのは、自然なこと。でも、そこまでで終わって欲しくないんだけど…
その先を書いてる人はいないのよね。

あなたの手元に居る幸せなワンコは、こんなところで生まれたワンコでないって確信もてますか?
この痛々しいワンコたちは、あなたの愛犬のお母さんかもしれないって、思えませんか?ってね。

ちょっと努力すれば、中間マージンで膨れ上がった高い犬を、高級犬とまちがって買うのではなく、きちんと管理されたるしあんさんたち、優良ブリーダーから適正な価格で、健康なワンコを安心して迎えられるのに…

私が紹介したのは、8月の20日ころ。
こんどは、追加で私の思いを日記に書いてみようかって思ってます。

2006/09/03 (Sun) 08:47 | REPLY |   

るしあん  

MのMとG さん
コメントありがとうございます。
本当にこんな「生き地獄」があるなんて、許せませんよね。
これから動物愛護に関する改正がありますので、少しは改善されると思うのですが・・・。
心苦しいの一言です。


メグママさん
コメントありがとうございます。
「同じ県民として恥ずかしい」なんて、おっしゃらないで下さい。
これと同じような状況で管理しているブリーダーは日本中で数知れず居るのですから・・・。

メグママさんのように、寄付をして何とか力になりたいと思っている素晴らしい方も沢山いらっしゃると思います。私達も微力ながら、フードを寄付しようと思います。

ワイルドライフ、とても役に立つし面白いですよ。
命の大切さを教えてくれる漫画です。
是非、読んで下さいネ。


みわさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
3頭も、ブリーダーの繁殖リタイヤ犬を飼われているのですか?みわさんのように優しい方と出会えたわんこ達は幸せですね。
本当の悪徳ブリーダーは、お金を産まなくなると
首をひねって殺したり、山中に置き去りにしたりします。
一人でもこんな悪徳ブリーダーがいなくなることを、心より願います。

この漫画、最高です!
全ての生命体に対して、もっと優しくなれるような気がします。

是非、又遊びに来てくださいネ。


Just One さん
いつも的を得たコメントありがとうございます。
本当にJust One さんのおっしゃる通りだと思います。皆様に、このJust One さんのコメントを読んでいただける方法はないかしら?
是非、Just One さんのブログで、お気持ちを発表して下さい。

欧米のように、生体の展示販売が禁止になれば、日本も少しは変わるかもしれませんね。
しかし、悪徳ブリーダーは、ネット販売でも信じられないような手口を使いますから・・・。
真剣に、わんこと新しい里親様のことを考えている我々も同等に見られてしまうのが、悲しいです。

2006/09/03 (Sun) 10:13 | REPLY |   

グリココアラプリン  

るしあんさんが 常にたくさんの本を読んで勉強なさる事へびっくりしています。本屋さんへ行くとああーこの本だぁーと思うことしばしばあります

私もと思い先日何冊か講入しました。その中にペットががんになってしまったら というう本にやはり食べ物の重要性がかいてあり、オーガニック素材のものを あたえましょうの一文が 心に深く残りました 残りの本もしばらく読んで頭に入れたいと思います 

2006/09/03 (Sun) 10:57 | REPLY |   

るしあん  

グリココアラプリンさん
コメントありがとうございます。
確かに、気付かないうちに沢山の本を読んでいたかもしれません。
このワイルドライフも、そのうちの一つかな?
ペットを飼われている方には、心打たれる作品だと思います。
オーガニック素材のものを与えましょう・・・と書いている本があったのですか?
きっとこの著者も添加物でひどい経験をしたことがあるのでしょうね。
私も添加物と薬の副作用には、散々苦労したことがありました。

2006/09/04 (Mon) 15:12 | REPLY |   

ナルトママ  

読んでみたい本(いや漫画・笑)ですね~。
最近は漫画でもすごく調べてあったりして、勉強になることも多いです。
とか言って、勉強になるような本はめったに買わないんですけど(笑)

東京へは自力で行けそうもないので、応募は見送ります~。
そちらもとっても勉強になりそうなとこですね。
オーガニック、本当は当たり前のことなのに出来ないのは消費者も悪いんでしょうね。

2006/09/05 (Tue) 00:58 | REPLY |   

るしあん  

ナルトママ さん
コメントありがとうございます。
この漫画、本当に面白くて役に立つと思います。
特にナルトママ さんには読んでいただきたいな。
カウンセラーをやっていらっしゃるので、色々なことをご存知だとは思いますが、私もこの本から新たな知識を得られました。
お勧めしま~す!

オーガニックEXPOも、行きたいけれど遠いな~と言われる方が多いみたいです。
私達は、何とか行ける距離なので、後程ブログで詳しく特集をしてみたいと思っています。
是非、見て下さいネ。

2006/09/05 (Tue) 11:22 | REPLY |   

kuromama  

三重県のお話、とても悲しかったです。
でも、もうひとつ悲しい事は、里親になる条件にワクチン接種や、避妊去勢手術が含まれている事です。
私は、るしあんさんのブログをきっかけに、ワクチンに疑問をもちました。
幸い身内に医師がいるので、すぐに犬にはこんなワクチンがあるんだけど?と聞きました。
「えー!!一度に何種類ものワクチンを打つなんて、人間だったら考えられない!!」と、びっくりしてました。
そして、昔人間のワクチンで、3種混合ワクチンが大問題になり、廃止になった話を聞かせてくれました。
「そもそも人間だってワクチンは、効くか効かないかは、接種する人の体質によるから、賭けのようなモンなんだよ!」とも教えてくれました。
効くか効かないか、わからない上に、副作用の危険にさらされるなら、接種しないのが正解だそうです。
「副作用のない薬はないからね。」と。
避妊去勢手術も、人間だったら考えられませんよね。
かわいそうな命を増やさない為以外の理由での手術は、私は悲しいです。
犬を愛する人達すべてに、混合ワクチンが危険だという事を知ってほしくて、ついつい書き込みをしてしまいました。
るしあんさんの様な、本当に犬の事を想ってくれているブリーダさんばかりになる日を祈っています。
長文失礼いたしました。

2006/09/07 (Thu) 01:29 | REPLY |   

るしあん  

kuromamaさん
コメントありがとうございます。
本当に今回のレスキューは氷山の一角とは言え、心が痛みました。
そしてレスキューに参加して下さったボランティアと獣医師の皆様に心より敬意を表したいと思います。

初めて知りましたが、里親になる条件にワクチン接種や、避妊去勢手術が含まれていたのですか?
これは、レスキューに参加した獣医師によって行なわれるのでしょうか?そうだとしたら、もちろん無料ですよね。有料だとすれば、53頭で約200万円の純利益が出てしまいますからね。
これでは、最終的にただ単にお金儲けの手段になってしまいます。

人間用の3種混合ワクチンの問題は、私も知っていました。
しかし、わんこ用なんて、5種は当たり前で、9種までありますからね。最近では、5種や9種に狂犬病ワクチンまで入れようとしているらしいです。
信じられない世界です。
それでも人間用は毎年研究開発されたものを使用していますから良いですけど、わんこ用は型違いのもですから、本当に「百害あって一理無し」ではないでしょうか?

避妊去勢手術も、全く意味が分かりません。
健康な体に「一か八か」の全身麻酔をしてメスを入れるのですから・・・。
飼い主が愛情を持って管理をしてあげれば、何の問題もないはずです。

ワクチン接種をすれば病気にならない・避妊去勢手術をすれば病気にならない・・・などと飼い主様を洗脳する日本社会に問題があると思います。

スミマセン、つい力が入ってしまいました(汗)。

これに懲りずに、又遊びに来て下さいネ。

2006/09/07 (Thu) 14:48 | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  もう少し考えて!
  • wan life さんのHP私が紹介したのは、先月22日。その後も、たくさんの方がリンクされていて、三重県で崩壊したブリーダーの53頭のワンコたち。ご存知の方も多いはず…思わず愛犬を抱きしめた!人も多かったと思う
  • 2006.09.03 (Sun) 23:59 | Just One(手作り Goods と 愛犬たち)