Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

赤ちゃん用なら安全?の思い込み危険

赤ちゃんの皮膚は角質層が出来上がっていないため、
化学物質の吸収性がとても高いです。




こんな柔らかなお肌に、
有害な化学物質は近づけたくないと思いますね。

自分の命より大切な我が子を思う気持ちは、皆同じだと思います。
そんな大切な子供のことを考えてくれた、
「ベビー石けん」なら誰しもが安心と考えたいと思っているはずです。

しかし、ベビー用品と言えども、有害な科学薬品が添加され、
合成界面活性剤が入ったものが、平気で売られているのです。
と言うよりは、ほとんど全ての商品がこの類の物です。


あ~、またしても作り手の良心はどこへ・・・・?

ベビー用なら刺激が少ないだろうと期待して、
肌の弱い方が使うケースもあるようですが・・・

ベビーシャンプーにも、
ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩などの合成界面活性剤に
防腐剤のパラベンやフェノキシエタノール
さらに着色料(黄色○○号・赤色○○号・・・)合成香料・・・

アレルギー反応を起こす恐れがあるとして
「指定成分」とされてきた物が堂々と使われているのです。

沐浴剤やローション・パウダーなどにも
隠れ潜む合成洗剤の陰が・・・・。

ベビー用と分類されていれば低刺激で安全という思い込みは
とっても危険だったというわけです。



さて、赤ちゃんの衣類は何で洗いますか?



巷に溢れる洗濯用合成洗剤には
「蛍光増白剤」と呼ばれるものが入っています。

「真っ白く洗い上げる」とかいうコマーシャルを
一度は見たことがあると思います。

この「真っ白」は、洗って白くなるのではなく、
ペンキと同じ要領で、衣類を白く染め上げる働きをします。

水ですすいでも、
衣類に付着して残って、白く染めるのが蛍光増白剤の使命ですから、
もちろん衣類に残留しています。


実はこの「蛍光増白剤」
ガーゼ・包帯・乳幼児の肌着・よだれかけに使用が禁止されています。

傷口に直接触れる包帯やガーゼ、
角質層が未発達の乳幼児の肌に触れる肌着やよだれかけに使うと、
皮膚から侵入して、障害を起こす危険があるからです。

でも、折角「蛍光増白剤」が使われていない肌着を買ってきて着せても、
それを洗うのに「蛍光増白剤」入りの合成洗剤を使っていたら
何にもなりませんね。


「蛍光増白剤」入りの洗剤で洗った肌着を
またまた毒性の強い陽イオン系の合成界面活性剤が成分の
柔軟材でコーティングしてしまうのは、
赤ちゃんにとって、とてつもなく危険だと言えます。



川崎病という小児科の病気があります。

コレは、合成洗剤の普及と共に突然現れ、
紙おむつの普及により、合成洗剤で洗った布オムツを使わなくなると
激減しています。

川崎病の原因は合成洗剤ではないか・・という指摘が今でもあります。

その当時、厚生省は、原因究明のための調査を、こともあろうか
洗剤メーカーの研究所へ依頼しました。

自社製品が原因で川崎病が引き起こされたようだ・・・
という報告を、洗剤メーカーがするはずがありません。

そのため、合成洗剤川崎病原因説は、究明されないまま終わります。

長男の布オムツを、その当時は合成洗剤でせっせと洗っていた私は、
この因果関係を聞いて、背筋が寒くなったものです。

知らなかったとはいえ、本当に申し訳ないことをしたと言う気持ちで一杯です。

わんちゃんの洋服だって同じです。
せっかく、オーガニックコットンの安心素材のものを買ってあげても、
一度、合成洗剤で洗濯してしまえば、
合成洗剤コットン仕様になってしまうのですから・・・。


最後まで読んで下さってありがとうございます。
カチカチしてくれたらもっと嬉しいです。
宜しくお願いします。
人気blogランキングへ

FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

Category - 本当は怖い合成洗剤

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  犬の病気
  • こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ犬の病気について情報交換しませんか?
  • 2006.12.15 (Fri) 16:15 | ペットの飼育 ペットとの生活