愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り食と・・・

2007年06月06日 (水) | 編集 |
ちょっと時間が空いてしまいましたが、
今日は、手作り食vsフードシリーズ
『 2)手作り食と出産』の続きです。
(ご興味のある方は1)からどうぞ。)



・・・本当にあの頃は、地獄の中をさまよっているような毎日でした・・・。



ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、
本当に大変な時期を経験したと思っています。


手作り食を始めて6ヶ月以上が過ぎ、
自分なりのレシピで、胎児吸収もなくなり、
無事に赤ちゃんが生まれるようになったと思い込んでいた頃でした。

・・・・・・・・

しかし、それはちっとも『無事』ではなかったのです。



出産に立ち会うということは、
凄い期待と凄い不安が入り混じり、
いつも新鮮で何とも言えない緊張感を味わう時です。

しかしあの頃は、そんな気持ではなく、
出産予定日の近くになると、布団から起き上がるのも苦痛なほどでした。



ベトナムのベトちゃんドクちゃんは、
アメリカが落とした枯葉剤の影響であることは、周知の事実です。

ベトナムでは、枯葉剤の影響で生まれても生きられなかった赤ちゃん達が、
ホルマリン漬けになり、数知れず保存されているそうです。
(参考記事・・枯葉剤がベトナムに残したもの

ベトナムに落とされた枯葉剤。

この枯葉剤にも含まれていたエトキシキンは、
ペットフードでは酸化防止剤として使用されます。

ペットフードには、その他にも酸化防止剤として、
BHAやBHTが添加されていることが多いようです。


ペットフードに使用される添加物の影響なんて、
我が家には関係ないと思っていた時期もありました。

しかし、ベトナムで起きてしまった言いようもない悲しい被害が、
我が家でも多発するようになってしまったのです。

もちろん、プレミアムフードを食べさせていた頃も、奇形児の出産は度々ありましたが、
手作り食にして半年も経った頃から、日常茶飯事に起こりだしたのです。


今回のブログでは、どこまで事実を書こうか、とても悩みました。

出産のことなんて、一般の愛犬家の方々には関係ないことですし、
まして、きちんと生まれてこなかった仔犬達の話なんて・・・。

しかし、ブリーダーで起こっている悲しい出来事が少しでも減ってくれることを祈って、
皆様に事実を知っていただきたいと思いました。



我が家で、生まれてしまった奇形児の仔犬たちは、
見るに耐えない子達もたくさんいました。

例えば、生まれてすぐに、どんなお顔をしているのか抱き上げてみると、
何と・・・・・顔がないのです。
顔がないと言う表現は不適切かもしれませんが、形成不全と言うべきか、
のっぺらぼうと言うべきか、顔が溶けたようで、目・鼻・口がないのです。

この状態の仔犬が、非常に高い確率で最も多く生まれてしまいました。

ある仔犬は、いつまでも目が開きませんでした。
彼女には、生まれつき眼球がありませんでした。

あるトイプードルの女の子は、
獣医さんで断尾をしていただく時に先生が気付いたのですが、
肛門がありませんでした。

こういう場合、女の子の陰部からオシッコとウンチが出るそうです。
わんこにはもちろん、人間でも起こるそうです。

その他にも、頭蓋骨がない・両足が形成不全などの、
一目で分かる状態の仔犬も沢山生まれてしまいました。


元気に生まれたように思えていた仔犬が、
2日くらいで衰弱して亡くなってしまう場合もありました。

その仔犬達は、口外破裂でした。

口の中が裂けていて、鼻から空気が入ってしまうので、
お乳を飲んでいるように見えても、空気ばかりを吸い込んでおり、
実際にはお乳を飲めていないのです。



ドクちゃんベトちゃんのご両親を含め、
不幸な子供たちを授かってしまった親御さん達は、
ご自分が枯葉剤に接触したのにもかかわらず、
生まれてきた子供達ほどの明らかな障害を発現していないように思われます。

しかし、自分達の体に入ってしまった「毒」を、
子供達に排毒という形で「毒」を回してしまったか、
ご両親の遺伝子レベルで異常が起こってしまったことが、
子供たちに障害が起きた原因と思われます。


我が家で起きた奇形児の出産は、まさに排毒だったと思います。

奇形児を産んでしまった親犬達は、その次から健全な仔犬を生み出しましたので、
遺伝子レベルの崩壊ではないと考えられます。

スーパーでは購入できないレベルの
徹底的にこだわった安全な食材の手作り食を与えたために、
体の中で急激な変化が起きたのではないかと思います。

やはり、自分の体を綺麗にするために「排毒」という形で、
仔犬達に毒を回してしまったのではないでしょうか・・・?


    

   ・・・・続きは次回に書きたいと思います。


暗い話になってしまい申し訳ありません。
でも、次回もお読みいただければ嬉しいです。
カチッと応援もしていたでけるともっと嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ




ヤラーに関するコメント、引き続き募集してます!
是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg(又はキャットフードフィッシュ800g)プレゼント中です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は。
そんなことがあったんですね。せっかくこの世に産まれてきたのに・・・。悲しい現実ですね。
奇形が出るのは、極まれな事だと思っていました。今は、ヤラーを食べて、健全な仔達が産まれて安心ですね。
2007/06/06(Wed) 20:01 | URL  | シェリーママ #-[ 編集]
衝撃的でした
第1段の手作り食からフムフムと読んでいましたが、今回は流石にショックが隠せません。

完全な手作り食から半年経ったにもかかわらず、こんな事が起こっていたのですね。
衝撃的でした。でもこういう事実を載せていただけたのはとても良い事だと思います。
色んな方に知ってもらい考えてもらいたいと思います。
ここにコメントを書き込まれる方のほとんどは「親バカ」の方が多いと思います(私は超親バカですi-229
でも中にはそんなに犬(猫)好きでもない方が飼っているのも現実だと思います。
じゃないと、転勤だとか病気になったからだとか、しつけが出来てないからだとかの理由で捨てたり、保健所に自らペットを連れていく人はこんなに多くならないでしょうから。。。

カチッとしましたよ♪
2007/06/07(Thu) 12:57 | URL  | ユキ&凛のママ #Jh0gB2N.[ 編集]
とてもショッキングなお話でしたが、常々よくあることだろうとは思っていました。
人間だって、親は五体満足で産まれるように願うくらいですから、何らかの万代を抱えて生まれてくる命も多いということですよね。
まして犬は、何頭もいっぺんに生まれてきますし、ドッグフードを食べているのでリスクも高いと感じてました。
感じてはいても、あまり考えないようにしていた気がします。
るしあんさんのように、正直にお話してくださった方が安心できます。
命を預るお仕事は本当に大変だと思います。
きれいごとだけでは済まないことも多いのでは?
これからもがんばってくださいね。

2007/06/07(Thu) 16:25 | URL  | るんるんママ #-[ 編集]
掘り下げるということ
生命の誕生は、神秘的で人間には計り知れない謎が多くあると思います。だからこそ、健康体の誕生に感謝し、またそうでなくとも現実を受け止め、全身全霊をこめる・・・・
以前助産師の方から、「障害を持った子の親御さんは、その困難に立ち向かう力を持っていると、神様が判断して授けたもの。」という話を聞いたことがあります。
真摯に困難に立ち向かうるしあんさんの姿が目に浮かびました。いくつもの壁があったのですね。
ちっぷを見てこんなにも健康なワンコであることに改めて感謝しています。
そして、もし、私に困難が投げかけられることはあるのだろうか・・・・と考える機会となりました。
どんなことでも、表面上のことだけでなく、掘り下げることで、本当の価値が分かってきますね。
2007/06/11(Mon) 09:57 | URL  | あゆ #amXlFcx2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。