Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

プレミアム⇒手作り⇒悪夢

手作り食vsフードシリーズ
3)『手作り食と・・・』の続きです。
(ご興味のある方は1)『手作り食vsドッグフード』
2)『手作り食と出産』からどうぞ。)

・・・・・・・・
     やはり、自分の体を綺麗にするために「排毒」という形で、
仔犬達に毒を回してしまったのではないでしょうか・・・?


特に我が家の場合、プレミアムフードから完全手作り食へという
急激な食生活の変化を経て、拝毒が一気に加速されたという一面もあります。


ただ、あのままプレミアムフードを食べさせ続けていたら、
常に母体から仔犬へ、有害物質が移行していくことになった訳で、
今でも健康体の仔犬を産ませられなかったかもしれません。

現に、生まれた時に既に "先天的アレルギー体質" という可哀相な仔犬が、
世の中には沢山存在しています。

拝毒の結果でもお分かりになるように、
化学薬品の影響は、親より子(F1世代を追うごとに強く現れてしまいます。


本来は、ブリーディングの段階から、
母体の健康と子犬の健康に配慮していく必要があるのです。





前回の記事を書いた晩に、
数年前によく見ていた悪夢を久々に見てしまいました。


”人間用の墓地”の一番奥深い所に、
我が家で亡くなっていった沢山の仔犬達が
ケージに入れられて泣いています。

私は、早くお水とご飯をあげないと・・・と思い、
右手にふやかしたプレミアムドッグフード、左手にお水を持って、
真っ暗な墓地の中を走ります。

何故かいつも、小雨が降っていて、人っ子一人いない真夜中の墓地です。

そして彼らの前に辿り着き、彼らと目が合った瞬間に、
あまりの憐憫と恐怖心で目が覚めるのです。


新しい里親様と出会い、幸せな人生を送るはずだった仔犬達を
亡きものにさせてしまい、
本当に申し訳ないことになってしまったと思っています。

何度も何度も仔犬達に謝リ続けましたが、
未だにこんな悪夢を見てしまうなんて・・・。



こんな夢を見てしまうのは、
仔犬達が成仏してくれなかったのでしょうか?
私の心の弱さのせいでしょうか?

どうしてか分かりません。

ただ一つ言えることは、この経験をしたが故に、添加物嫌いの私が、
比類なき添加物嫌いになったことです。



るしあんのブログと、最初の頃からお付き合いをしていただいてる方は、
私達がいかにプレミアムドッグフードを嫌っているかを、
感じていらっしゃると思います。
犬に食べさせてはいけない物の中にも入れてしまったくらいですからね。】

しかし誰でもが、私達のような経験をさせられてしまえば、
プレミアムドッグフードに対して、不信感をいだくはずです。

第一、さも素晴らしい物を指すかと思わせるこの『プレミアム』ですが、
メーカーが勝手にプレミアムと言っているだけであり、
プレミアムと言う名前に、何の認証も許可も得ていないのです。
オーガニック認証とは雲泥の差です。

本当にウソ臭い世界です。


もちろん、ブリーダーを始めた当初の、フードへの認識が甘かった頃でさえ、
人間の「食材レベル・無添加・プレミアム」などと言う謳い文句を
心から信じていた訳ではありません。


いつも心の奥底に、
名前は立派だけど、こんな値段の、内容物がはっきりしないモノを
大事なわんこに食べさせても良いのだろうか?という葛藤がありました。
【ブリーダーズパックと呼ばれるブリーダー向けのフードの値段は、
とても食べ物とは思えない値段設定になっていますので、
経済効率のみ優先してブリーディングするにはもってこいですが・・
プレミアムドッグフード100g当りの値段は、
スーパーで販売されている安物の100gのお塩と同等です。
お塩と同等の値段のプレミアムフードが、
人間の食材で製造されているはずがありません。】


疑いの晴れないプレミアムフードを
不安ながらも与え続けた結果がこの”ザマ”です。


私が悪夢を見るなんて、大した問題ではありません。

それより、亡くなっていってしまった仔犬達の無念さが悔やまれます。

そして、今後世界中のブリーダーで、
亡くなっていく仔犬達が少しでも減ってくれたらいいと思います。



ドッグフードを製造・販売している方にお聞きしたいです。

ご自分が携わっているドッグフードを、
本当にご自分の愛犬に与えているのですか・・・?

・・・・・と。



次回は、手作りからヤラーへの移行ついて書きたいと思います。


最後まで読んで下さってありがとう。
カチッと応援もしていたでけるともっと嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ




ヤラーに関するコメント、引き続き募集してます!
是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg(又はキャットフードフィッシュ800g)プレゼント中です。
関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードの怖い話

5 Comments

メグママ  

るしあんさん、大変辛い思いをされたんですねv-406 それだけ真剣にブリーディングなさっているという事に感動しました。
人間もわんこも同じ動物、排毒が親から子へ行われるということは、怖いです。
食品添加物が入ってない物を探す方が難しかったりするから、アレルギーの子供や子犬が後を絶たないわけですね。

2007/06/12 (Tue) 10:36 | EDIT | REPLY |   

静岡の田口です。  

小林さんは優しいです。

こんにちは。

うちのわんこたちの毛は、ふわふわ&ロングに磨きがかかり、若返ってます。
ヤラーのおかげです。  ありがとうv-421

ブログ読ませていただきました。胸が熱くなりました。胸中お察しいたします。

小林さんの様なブリーダーさんがたくさん増えればいいのに・・・と思ってしまいますv-390

2007/06/12 (Tue) 12:46 | REPLY |   

東京   平野  

お久しぶりです。小林さんは、ご存知なのですが、5月18日
17歳を目前にして、我が子キャラは亡くなりました。
アイリシュセッターという犬種からして、長生きしてくれましたが後半長い間下痢に悩まされ、ヤラーに出会い瞬く間に元気になった矢先のことでした。恐らく何かの感染症になったと思われます。せめて1年前位から食べさせていたら免疫力もつき、今回の様な事にならなかったと、悔やまれてなりません。4月にスプリンガー(15歳)が亡くなり、翌月の事でしたから、まだ寂しさはぬぐいきれません。この子にも食べさせていたら、、、そんな思いが湧いて来ます。でも私思うんです。意味のないものはないと。その事があったからこそ、深く理解出来る自分がいると。そして、ワンコ、ニャンコ、その子その子に役割があるんだと思います。その事を気ずかせる為、その事を考えさせるため、私はこの子たちと一緒に生活出来た中で、随分たくさんの事を学ぶ事が出来ました。犬の事を知る事はもちろんですが、人間についてです。小林さんがおっしゃるように、自分の愛する犬や猫たちに、自分たちが作った、粗悪なフードを食べさせられるのでしょうか?命を守らなくてはいけない獣医さんたち、健康は食べ物が
大切という当たり前の事、ほんとうに理解していらっしゃるのでしょうか?医学のお勉強も、もちろんして頂かないと(当たり前ですが)こまりますが、もっと根本的な事をお勉強して頂きたいと心からの願いです。心から信頼出来る獣医さんは存在するのでしょうか?こんな不安を感じてる飼い主さんたち、確実に増えてます。ワクチンの事もフィラリアもフロントラインについても、、、。長くなってしまった、すみません。後ご存知の方も多いと思いますが、「食品の裏側」安倍 司 この方もハっと気がついた方の一人と思います。添加物の恐ろしさとこんなにたくさん入ってる事実にびっくりです。人間用でコレです1
だから犬や猫用は、、、あ~恐ろしい。小林さん頑張ってください。頼りにしております。

2007/06/13 (Wed) 15:56 | REPLY |   

Just Wan  

いろんな経験をされて今があるんですね。

こうやって、公表してくださることで、我が家のワンコたちも幸せに暮らしていけます。
ところで…一番新しいディナーを開けたら、今までより少々粒が小さいように感じました。
変わったんでしょうか?それとも、気のせいかな?

2007/06/18 (Mon) 23:03 | REPLY |   

ピタ  

こんにちは。

『手作り...』シリーズ、読みました。。(T _T)
亡くなった仔犬達 のこと 本当に辛く悲しい出来事でしたね。るしあんさんの苦しみも胸が痛くなる程伝わってきました。
ちゃんとした形に産まれて来れなかった仔犬達ですが 同じように愛してもらえて 成仏してないはずがないですよ。 なのでそんなにご自分を責めないで下さい。こんなに努力されてるブリーダーさんはあまりいらっしゃらないのでは。
。。。  と仔犬達も言ってるはず^^
カチカチ しました。
これからフードの注文に参ります^^

2007/06/28 (Thu) 11:58 | REPLY |   

Post a comment