愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットフード国別価格

2008年02月03日 (日) | 編集 |
今回は、各国から輸入されるペットフードの仕入れ値を、高い順に並べてみました。

分かり易いように、
アメリカ産のペットフードを、
1kg当たり1,000円に換算した場合の価格で表示してみました。

(2004年度 の実数値 輸入国別フード仕入れ価格比較)

1.オランダ産フード      2,680円

2.中国産フード        1,760円

3.オーストリア産フード   1,260円

4.フランス産フード      1,240円

5.タイ産フード        1,020円

6.アメリカ産フード      1,000円

7.ドイツ産フード        910円

8.カナダ産フード       820円

9.イタリア産フード      720円

10.オーストラリア産フード  580円



いかがでしょうか?

何とも驚きの順番と価格になってしまいました。

現在、毒入り餃子で問題の渦中にある中国ですが、
その中国産のペットフードが、
オランダ産に続き、仕入れ値No.2になっているではありませんか・・・。

「自然食・人間の食材レベル・処方食」とスバラシイ言葉で飾られた、
世界各国の「自称プレミアムペットフード」が、
あの中国産より安いとは・・・。

ましてペット先進国は、中国や他のアジア諸国から
原材料を輸入しています。

輸入経費がかかる分、中国産フードより
原価も高くなるのは当たり前のはずなのに・・・。


この摩訶不思議な仕入れ値の現象は、主に二つの理由が考えられます。

●日本企業が、中国やタイで現地法人を作り、
 輸出をする時点で大きな利益を乗せているので、
 日本に輸入する価格が高くなってしまう。

●ペット先進国のプレミアムフードの原材料は、
 産業廃棄物なので、原価がタダ同然で仕入れ値も安い。


それにしても、多くの消費者が信用しきっている「プレミアムフード」が、
中国産やタイ産より仕入れ値が安いとは・・・。



そんな中、オランダ産のみが圧倒的な高値を放っています。

オランダ産は、アメリカ産の約2.7倍の仕入原価であり、
第3位のオーストリア産でさえ、オランダ産の半値以下です。
10位のオーストラリア産と比べると、何と4.6倍も仕入れ値が高くなっています。


上記の表に基づき、
アメリカ産のペットフード2kgが3,000円で販売されている仮定すると、
オランダ産は、計算上2kgで8,040円で販売されることになります。
オーストラリア産は、2kgで1,740円の計算になります。


それでは、実際の販売価格はどうでしょう?

世界各国から輸入される「自称プレミアムフード」は、
どれをみても同じような値段で販売されているようです。

私個人の私見としては、
正規代理店の商品に関しては
上記データの示す仕入れ金額が、
実際の販売小売価格にあまり反映されていないような気がします。

【しかし、並行輸入品の小売値段は、仕入れ値から考えると妥当と思われます。】


逆に、日本企業が参入しているため、
仕入れ金額が高くなっているタイ産や中国産が、
プレミアムフードよりお手頃価格になっているのは何故でしょう?

これは、各企業の値段の設定の仕方によるものなので、理由の断定は出来ません。


いずれにせよ、このような情報を得てしまうと、
ペットフードの小売値段は、フードの内容同様、
あまり当てに出来ないものなのかもしれません。

しかし、『安物買いの銭失い』や『安かろう悪かろう』などの格言が、
ペットフードにも当てはまるような気もします。


いつの時代でも、消費者は色々な情報を集め、
本物を見抜かなければならないのではないでしょうか?




【まめ知識】

正規品と並行輸入品との違い

正規品とは、
A国の商品を、直接メーカーから日本の輸入代理店が輸入したもの。
輸入代理店は、A国のメーカーと独占で商品を輸入する契約を結んでいるため、
他社は、直接メーカーから輸入できない。

並行輸入品とは、
A国のメーカーから直接仕入れるのではなく、
例えば、A国の問屋やA国のメーカーから、
B国の輸入代理店がB国へ輸入したものを、B国から日本へ輸入したもの。
このため、並行輸入品は、輸入過程にワンクッション多く入るため、
一般的には、正規品より仕入れ値が高くなる場合がほとんどです。
にもかかわらず、並行輸入品の方が安く販売されています。





カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。