愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒズメの販売・・・中止のお知らせ

2008年02月10日 (日) | 編集 |
るしあんで取り扱いしていた「ヒズメ」の販売を
中止させていただくことに致しました。


今迄に、沢山の方々からご注文をいただいていたのに、
突然のご報告で、大変申し訳なく思っております。

ヒズメの販売を中止する理由は、
輸出国であるアメリカの牛の取り扱い方と、
『食』の安全性に納得いかないからです。


今月初めのTVニュースで、未だにアメリカでは、
『へたれ牛』を人間の食用として流通させていると報道していました。

その現場は、見るに耐えないもので、生きている『へたれ牛』を、
フォークリフトで押して転がしていくという残酷なものでした。

そして、食肉用として加工する・・・。


まったくもって、『へたれ牛』への対応は尋常とは思えないし、
狂牛病の恐れのある牛を、食肉にしてしまうのは言語道断だと思います。


このように、人間の食材に対しても不安が残るのですから、
わんこ用の食餌に対しては、もっと信用がおけません。

どのような牛のヒズメを使用しているか、
どのような処理・加工・衛生管理をしているのか、
全く未知数です。


私は今までも、アメリカの狂牛病に対しての考え方や、
ペットフードリコールに対して、大きな不安と不信感を抱いていました。

にもかかわらず、ヒズメは主食ではなく、噛むだけで減らないので
問題ないだろうと自分に言い聞かせていたような気がします。

与える前に煮沸消毒を行なってからご使用いただくという
ご提案もして参りましたが、やはり不安は残ります。

「たぶん大丈夫だろう。」・・・と言った軽い気持ちで食品を販売してはいけないと、
最近の中国・アメリカ・日本の『食』の問題で、つくづく痛感させられました。



少しでも疑わしきものは販売せず、
本当に安心できる高品質なものだけを、ご紹介して参りたいと思います。

宜しくお願い致します。



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。