Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

中国産原料に関する緊急のお知らせ!

ヤラーは中国産の原材料は使用していません

中国産の冷凍餃子事件で、人間の加工食品ですら
検疫の祭に農薬の検査が行なわれないことが明るみに出ました。


『ヤラーだから大丈夫だと思うけど、
中国産の原料は使っていないか、念のため確認させて』


こんなお問い合わせ殺到のため、
緊急のお知らせです!





もちろん、ご安心下さい。

『ヤラーには中国産原材料は一切使用していません』



ヤラーの原材料は、オーガニック認証を受けていますので、
トレサビリティーが保証されています。


「トレサビリティー」というのは、
どこで、誰が、どんな風にして育成・栽培したものなのか
すべての記録が残っていることです。

モスバーガーの店頭に書いてある
”〇〇さんの有機レタス”・・・みたいな感じで
生産者の顔が見える仕組みですね。

出所がはっきり分かっているので安心です。


一般的なペットフードには
残念ながら、原料産出国の明記はありません・・・・。

前回のブログで、日本に輸入されているペットフードは
中国産が多いことを書きました。

日本国内で製造されるから『国産』ではあるけど、
原料に中国産の小麦やとうもろこしを使っている
「国産?」フードだって、もちろん沢山あります。

と言うよりは、自給率39%の日本において、
日本産の原材料でペットフードを作るのには、無理があると思います。
人間でさえ、60%以上の輸入食材に頼っているのですから・・・。


昨年のアメリカ・カナダで起きたペットフード大規模リコールの原因も
中国産の小麦が原因だったように、
アメリカ産のフードにも、中国産原料は使われています。


でも、成分すら80%開示で良いのですから、
問い合わせが来ても、
「中国産は使っていませ~ん」
と嘘をつくことだってできてしまいます。

偽りの答えをしても、罰則も取り締まる法律もありません。


ヤラーは、オーガニック認証を受けるために
上記のトレサビリティーがはっきりしないといけませんので
嘘はつけません。



★ちなみに、ヤラーの使用原材料は、オランダ・フランス・ドイツで育成栽培された
オーガニック認証のお肉や野菜ですので、絶対的な保証がされています。


これからも、安心してヤラーをご使用していただけると確信しております。


カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ


ヤラーに関するコメント、たくさんお寄せいただきありがとうございます!
コメントまだの方、是非ご意見聞かせて下さいね!!
コメントお寄せくださった方に、お好きなヤラードッグフード2kg
又はキャットフードフィッシュかチキン800gプレゼント中です。

関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードの怖い話

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。