Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

オメガ3とオメガ6

前回の「総合栄養食」と共に、ペットフードの内容に対して多いご質問が、


「ビートパルプを使用していますか?」

「オメガ3とオメガ6を添加していますか?」などなどです。


「ビートパルプ」に関しては、
その裏の顔が、色々な情報源で問題視されるようになってきたので、
使用していないものを選択される方々が増えてきました。

ところが、脂肪酸の「オメガ3と6」に関しては、
一時期の「ビートパルプ」のように、良い面ばかりが謳われているので、
それが添加されているフードを求める方々も多いようです。


それでは、本当に「オメガ3と6」を、
ペットフードに添加したほうが良いのでしょうか?

私たちが考える結論から申し上げますと、答えは「No」です。


確かに、オメガ3脂肪酸が代謝されてできる「生理活性物質」の働きには
抗炎症効果があります。

例えば、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や、リウマチ、関節炎、膀胱炎などの
炎症を抑えるのが、オメガ3から発生する生理活性物質なんです。


皮膚トラブルがある、膀胱炎などを起こしやすい、
消化器系の炎症が起きやすいなど問題を抱えたペットには、
お試しの価値が大いにあると思います。

又、特にトラブルはないけれど、毛並みや毛艶を良くしたいという場合にも
オメガ3脂肪酸は効果があると言えます。


しかし、ここで一つ注意していただきたいのは
オメガ3脂肪酸はとても熱に弱く、酸化しやすいということです。

つまりペットフードの製造過程でオメガ3を添加しても、
加熱されることで効果がなくなっているのです。

それでは、製造後に添加すればいいのかというと、
実際にペットがそれを食べるまで
酸化させずにキープするのは至難の技です。

BHTやBHAなどの強力な酸化防止剤が必要になってきます。

そのため、
「オメガ3の効果」と「酸化防止剤の害」を
天秤にかけなければならなくなります。


もし酸化防止効果が不十分なら、
「オェ~」となってしまう甘っとろいツーンとした
あの、酸化した油特有の臭いが立ち込めるはずです。


酸化してしまったオメガ3脂肪酸は、
細胞膜を傷つけるなどの悪さをする方に働きます。

これでは、せっかくのオメガ3が逆効果になってしまいますね。


一方、オメガ6脂肪酸は、
コレステロールを下げたり、血圧を下げたりする作用があると注目されました。

しかし、摂りすぎると、善玉コレステロールまで減らしてしまい、
がん、アレルギー疾患、心臓疾患、老化などを促進し、
免疫力を下げるという副作用があります。

また、オメガ6脂肪酸が代謝されてできる生理活性物質は、
炎症を激化してしまう働きをしてしまいます。



酸化しやすいオメガ3を、
酸化防止剤の害を心配しながら
前もってフードに添加する価値があるでしょうか?

すでに摂取過剰傾向にあると言われるオメガ6を
わざわざ、さらにフードに添加する必要があるでしょうか?


それでは、せっかくのオメガ3脂肪酸の効果を
取り入れる良い方法はないのでしょうか?

とても簡単です。

フラックスシード(亜麻仁)油か、えごま(しそ)油を
フードに小型犬なら数滴たらしてあげればOKです。

皮膚トラブル・膀胱炎・消化器・毛艶などにお悩みの場合は、
試してみる価値は充分にあるはずです。

しかし、これらの油は酸化しやすいので冷蔵するなど
保存には充分注意して下さい。

【ただし、この方法は、オメガ3と6を添加していないヤラーをお使いの方や、
手作りをされている方には有効だと思いますが、
プレミアムフードをお使いの方には、
油脂の過剰、カロリーの過剰などの問題が生じて不適切かもしれません。】


脂肪酸の代謝や生理活性物質についてもうちょっと知りたい方は
続きを読むをご覧下さい。



カチカチの応援もお願できたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ




不飽和脂肪酸は
オメガ9(n9)、オメガ6(n6)、オメガ3(n3)に分類されます。


オメガ9はオレイン酸と呼ばれるもので
オリーブオイルやキャノーラ油があります。

オメガ6はリノール酸と呼ばれます。

どんなものがそうかというと、
紅花油、ひまわり油、ごま油、コーン油、大豆油、綿実油、グレープシード油などです。


オメガ3といわれるのはアルファリノレン酸です。

こちらは、フラックスシード(亜麻仁)油、しそ油(えごま油)などがそうです。


●不飽和脂肪酸の代謝

n-6系・・・

リノール酸→ γ-リノレン酸 →ジホモ-γ-リノレン酸 →アラキドン酸 →PG2 TX2
                         ↓               →LT4
                         ↓
                          →       →        →PG1 TX1

 
                                      
n-3系・・・

 α-リノレン酸  →オクタデ     →エイコサ     →エイコサ     →PG3 TX3
          カテトラエン酸    テトラエン酸    ペンタエン酸   →LT5

                     
                                                          
*PG・・・プロスタグランジン LT・・・・ロイコトリエン TX・・・トロンポキサン
(脂肪酸が体内で代謝されてできる生理活性物質=エイコサノイド)

一般的に、アラキドン酸から産出されるプロスタグランジン2は炎症激化
EPA(エイコサペンタエンサン)から生成されるプロスタグランジン3は抗炎症に働く。

関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードと犬の健康

0 Comments

Post a comment