愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブの癒しと自己治癒力

2008年06月18日 (水) | 編集 |
世界の薬の20%はアマゾンの植物から作られているそうですね。

確かに、現在使われている薬も
植物の成分から単離されたものが沢山あります。

有名なものは、阿片からモルヒネの単離、
ホワイトウイロウ【又はセイヨウナツユキソウ】からサリシンの単離→アスピリン合成
コカからコカイン、マオウからエフェドリン・・・・

最近の薬では、トウシキミ(ハッカク)から
インフルエンザの治療薬タミフルが単離されています。
タミフルは石油から合成できるようになりました)

私達は、それこそ紀元前の大昔から伝統的に用いてきた
植物の有効成分を薬として活用しているのです。

そんな、植物のありがたい成分を
人間より前から、よ~く知っていたのは
実は動物達なんだと思います。

先日、メディカルハーブの講義で、先生から興味深いお話を伺いましたので
今日はそれをご紹介したいと思います。


先生のお知り合いに、介護施設をなさっている方がいるそうで、
ある時その施設の庭に、傷だらけの野良猫が迷い込んで来ました。

かなり弱っていましたが、かといって捕まえられるほど人間に懐いてはいません。

さすがに放っておく訳にもいかず、食べ物だけ庭に置いてあげていたそうです。


その猫は、毎日庭のカモミールの茂みで寝ていたそうです。

良く見ると、傷をカモミールにこすりつけるような仕草をして、
四六時中カモミールの茂みの中で過ごしていたそうです。

これはウチの庭のジャーマンカモミールの花です。

Matricaria chamomilla

こちらはローマンカモミールです。

Anthemis nobilis

殆ど同じように見える花が咲きますが、
ローマンカモミールは葉っぱからもリンゴの香りがします。

ドライのハーブで入れたお茶は、
ジャーマンカモミールは甘い香りで美味しいですが、
ローマンカモミールは苦い薬草の味がします。
(なので、ローマンは精油で使います。)

フレッシュハーブならローマンも美味しい・・・と
苗を売っていたハーブガーデンのおじさんに聞いたので
試してみようと思って、ローマンも植えてみました。
(まだティーにして飲んでいませんが・・・)


さて、先ほどの野良ちゃんがどうなったかというと、
カモミールの茂みで、すっかり傷を癒して、
見違えるほどピカピカになりました。

元気になったら、いつの間にかどこかへ消えていったそうです。

カモミールに引き寄せられてその場所にやって来たのか、
たまたま迷い込んだ所に、自分の体の治癒に有効なカモミールがあったのか、
定かではありませんが、自分が一番癒される場所を知っていて、
カモミールの茂みから離れなかったのだと思います。

ハーブの力を借りて、自己治癒力で傷を癒してしまったわけですね。

植物の神秘の力、自己治癒力のパワーを感じます。

動物達は植物の利用法を、私たちより的確に知っているのでしょう。



ここで、もう一人?、ハーブの有効性を熟知したわんこをご紹介します。

ムサシの部屋のムサシくんは、ママが栽培するハーブを
真っ先に食べてしまうハーブ愛好家だそうです。

ママがハーブを植えたのをしっかり嗅ぎつけてしまうのだから、
先ほどの猫ちゃんと同じように鼻が利きますねっ(笑)


ムサシ君、 『ハーブで健康』もご愛用下さっていますが、
ストルバイトが消えたそうで、本当に良かったです。
『ハーブで健康』を作っている私も嬉しいです!

(ムサシ君のハーブによる体質改善はムサシ君のブログを是非覧下さい。)




カモミールは、とても簡単に増えてくれます。
ローマンカモミールは香りの芝生と言われるくらい丈夫で
庭のグランドカバーとして使われます。

ジャーマンは一年草ですが、こぼれ種から発芽して
知らぬ間に翌年も芽が出てきています。

一鉢植えておくと、美味しいハーブティーをひと夏楽しめますよ。

α-ビサボロール、カマズレンなどの精油成分と
アピゲニンン、ルテオリンなどのフラボノイドの相乗効果で
鎮静・鎮痙作用を発揮します。

胃が痛い時、生理痛や冷え性に、夜良く眠れない(不眠)の時は
ジャーマンカモミールのティーを一杯どうぞ。

バスハーブのカモミールもご紹介中です。
安らかな眠りに就きたい時はどうぞご活用下さい。




では、もう一つ、とってもポピュラーで、とっても栽培がかんたんなハーブ
ミントをご紹介します。

ミントは栽培が簡単というより、繁殖力が強くて
他の植物を駆逐してしまいますので要注意です。

地面に植えると大変なことになるので、鉢植えが向いています。
(寄せ植えする時は、根を不織布で包んで他の領域に根が回らないように注意!)

これはペパーミント。
peppermint.jpg
Mentha piperita

成分のℓ-メントールが眠気を吹き飛ばし、気分をリフレッシュしてくれます。

ℓ-メントールには精神的に働きかける作用もあるので、
神経性の胃炎や消化不良、食欲不振、
心身症の一つとされる過敏性腸症候群にも用いられます。

食べ過ぎた、ストレスで胃が痛い・・・なんて時はペパーミントのティーを飲んで下さい。

バスハーブにもミントがあります。>

こちらはアップルミント。
丸い可愛い葉っぱで甘い香りがします。
ティーにすると美味しいです。
去年の苗が更に増えて茂っています。
毎日切ってお茶にしてもどんどん増えます。
amint.jpg
Mentha suaveolens

スッキリした味わいで、リフレッシュとやる気充実のティーとしてどうぞ。


それからバスハーブの中で私が一番好きなラベンダー。

去年の株が春先まで仮死状態で元気が無かったのですが
剪定をして石灰を漉き込んだ土に植えてあげたら復活して
沢山の花を咲かせててくれました。

Lavandula angustifolia

フレンチラベンダーのように、花が大きくてゴージャスな感じも良いですが、
私はどうしてもこのシンプルな真性ラベンダーが好きです。

こちらは、今年の苗。
イングリッシュラベンダーの仲間を何種類か寄せ植えにしました。
lavender4.jpg
こちらも花芽が付いて開花が楽しみです。

ドライにしたラベンダーは、小さい布の袋に入れて
枕元に置くと安眠の助けになります。

防虫用にたんすに入れておくのもいいですね。


ハーブのお勉強をされたい方は
メディカルハーブ検定を受けてみませんか?
次回検定は8月31日です。
<一応JAMHA会員として広報活動を・・・・>

ハーブの癒しにすご~く興味を持たれた方も、ちょっとだけ関心があるヮという方も
ポチ↓のご協力をお願い致します。
人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハーブで健康について
こんにちは。ハーブ初心者なので教えて下さい。

2007年8月22日付のブログにて

次回からは
『ハーブで健康』で使われている
個々のハーブの作用についてご紹介をしてみたいと思います。

とありますが、『ハーブで健康』にはどのようなハーブが使われているか、
成分・作用についてもこちらのブログにて、ご説明をして頂けますでしょうか?
勉強をさせて下さい。よろしくお願いします。
2008/06/20(Fri) 16:45 | URL  | なつ #mQop/nM.[ 編集]
質問ィィですか?
ダックスフンド一歳と、チワワ三才を飼ってます(^.^)ヤラーフードのサンプルありますか?
もしあれば一家族一個です?二匹分もらえます?
ヤラーに変えたいけど!どんなものかやってみたいので!食べないかもしれないし、サンプルがあればと思いコメント残しました!
2008/07/03(Thu) 23:35 | URL  | ヤマママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/05(Sat) 16:32 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。