Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

インフルエンザ感染予防しましょう

鳥インフルで09年4人目の死者 中国・新疆ウイグル自治区

 【北京=尾崎実】中国衛生省は24日、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した新疆ウイグル自治区ウルムチ市の女性(31)が23日に死亡したと発表した。
中国での鳥インフルエンザによる死者は今年4人目。
同省によると、女性は10日に発病した後、病状が悪化し入院治療を受けていた。
発病前、市場で生きた家禽(かきん)と接触していた。(19:38)


中国や東南アジアでの鳥インフルエンザ感染が報告されていますね。

鳥インフルエンザウイルスは、豚を介して
人に感染するウイルスに変化するそうです。

鳥⇔豚⇔人⇔人・・・・・と感染が広がるという訳ですね。


中国には家禽と豚が一緒に家畜として飼われている地域が多いようです。

鳥インフルエンザウイルスの変化を助長するなら、
家禽と豚を切り離して飼育すればいいじゃないか・・・・・
と、部外者は思ってしまいますが、
実際にそういう形態で生活を営んでいる人にとっては死活問題ですよね。



新型インフルエンザの報告はまだ無いですが、
いつものインフルエンザは、既に流行が始まり、
町田の病院では集団感染の報道もありました。

感染拡大の原因は、複合的な要素が考えられるが、
湿度不足が大きな一要因だったと、調査に入った東京都は指摘しています。



アクアリブがお手元にある方は、ペットの消臭だけでなく、
自分の感染防止に是非アクアリブをご活用下さいね。

噴霧器で空間除菌・加湿するのが一番ですが、
一日何回かお部屋にスプレーをして回るだけでも、
湿度保持のお助けになります。

もちろん、加湿と一緒に、菌やウイルスもやっつけてくれますから!


帰宅後のアクアリブうがい・手洗い後のスプレーと合わせて、
お部屋の加湿を心がけて、インフルエンザから身を守って下さい。



娘の通う学校でも、インフルエンザの感染が広がりつつあります。

新型インフルエンザ発症の際の対処法・・といったプリントも配られ、
呑気な私も、娘に促されて、備蓄の食料確保に乗り出しました。


「まあ、いざとなったらウチにはヤラーがあるじゃん」

心強い?娘の一言でした^^;)



空気が乾燥した日が続きます。

お部屋の湿度を保って、風邪やインフルエンザに罹らないよう
お気をつけてお過ごし下さい。





【関連記事】
町田の病院でインフルエンザ集団感染 3人死亡
中国でまた鳥インフル、山東省の女性死亡
鳥インフル、北京で初の死者 中国政府、拡大防止急ぐ(1/8)
ベトナムの女性、鳥インフルで死亡か 感染した女児の姉

関連記事
スポンサーサイト

Category - 除菌・消臭/アクアリブ

0 Comments

Post a comment