FC2ブログ

Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

肉骨粉とペットフード

今日は、肉骨粉とペットフードについて考えてみます。


アメリカやカナダ、そして日本でも
ペットフードに肉骨粉の使用が認められています。


肉骨粉は、病気で死んだ動物、安楽死された犬や猫、
スーパーの廃棄食材、路上轢死動物など
ありとあらゆる廃棄された食材で作られます。

安楽死された犬・猫の死体がレンダリングされ、肉骨粉と化し、
ペットフードの原料となっているという内部告発もありました。

それを裏付けるように、

アメリカ獣医師会から、
ベントパルビタールに耐性を持つペットの増加が報告されました。


ベントパルビタールを使って安楽死された犬や猫が、

ペットフードの原料になり、

そのフードを食べ続けたペットが、ベントパルビタールに耐性を持つ・・・(麻酔が効かない)

とう事態が発生しているのです。



アメリカは生物テロのリスク回避のため、ペットフードの輸入を禁止しています。

ですから、ベントパルビタールに耐性を持つペットたちは、
間違いなくアメリカ産のフードを食べているはずです。

【もちろんアメリカ産のフードは日本にも輸入されていますから、
 沢山の日本のペットたちも食べているでしょう。】


まさか、可愛い家族が食べているフードに
犬や猫の死体が入っているなんて考えられない・・・と
思われる方も多いでしょう・・・が、


http://keymay.blog50.fc2.com/blog-entry-77.html" target="_blank"" target="_blank" title="人間の食肉に対してもトレーサビリティのない国">人間の食肉に対してもトレーサビリティのない国で作られるペットフードに、
狂牛病の牛・安楽死された犬・猫が入っていないと
否定することはとても困難です。



犬や猫は本来肉食ですから、
牛の肉でも、犬の肉でも、猫の肉でも、
肉を食べるのは食性には反していないとして、

強制的な共食いをさせるという点で、
何らかの危険を孕んではいないでしょうか?


強制的な共食いという状況のもとで、
狂牛病の牛が入った肉骨粉で作ったフードを食べる・・・・。

牛からヒトに感染した狂牛病が、
牛から犬に、牛から猫に感染しないと言い切れるのでしょうか?


食べ物が体を作ります。


何を食べるのか・・・・?


ペットには食事の選択ができません。

大切な家族に、強制的な共食いを強いることのないよう、
私たち飼い主が充分に考えてあげないといけませんね。





少し古い資料になってしまいますが、こちらも参考になります




またまたお久しぶりで図々しいお願いですが、
ポチ↓のご協力をお願いできたら嬉しいです。

人気blogランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードの怖い話

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。