Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

ペットフードの不都合な真実-7ーペット安楽死の闇

1990年代にレンダリング工場に送られ、
ペットフードにリサイクルされていたペットの数は
年間で約500万頭であった。


The National Animal Control Association による試算です。

さらに

「安楽死のペットたちはレンダリングされ、
肉骨粉へと姿を変えた後、
たんぱく質として分析されるため、
ペットフードのタンパク源として利用される。

と記載されています。



ここは、アメリカはカリフォルニア州
ウエストロサンゼルス・アニマルシェルターです。


ここは犬のエリアで、
通路の両側に、保護されたり、飼えなくなって飼い主が持ち込んだ犬たちがいます。




2016年の統計によると、
年間で760万頭の犬や猫が
アニマルシェルターへ運び込まれているそうです。


この子もそのうちの一頭です。


  シェルターに保護された全ての犬や猫が
新しい飼い主を見つけられる訳ではありません。

760万頭のうち270万頭が安楽死されてしまいます。
(ASPCA.org の統計資料による)



では、安楽死された犬や猫、
それも年間で270万頭という膨大な数の個体は、
一体どこへ行くのでしょうか?



フードのラベルに
「安楽死の動物や、病気で死んだ動物をレンダリングして
できた肉骨粉をタンパク源として使っています」
と表示しているメーカーはありません。

安楽死の動物はレンダリングされ、
肉骨粉に生まれ変わり、
ペットフードや園芸用の肥料になります。


それなのに、肉骨粉という表示がないのかは、
また後ほど、「フード表記の闇」という題名で、
そのカラクリを説明したいと思います。



あなたが愛犬や愛猫のためを思って選んだフード。

その原料に安楽死の犬や猫が使われているかどうか?

使われているかもしれないし、使われていないかもしれない。

ただ、安楽死されたペットは、
レンダリングされるしか道がないという事実だけが存在しています。




その選択が死を招く?!

『間違いだらけのフード選び』
無料小冊子 こちらからダウンロードできます↓






関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードの怖い話

0 Comments

Post a comment