Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

ペットフードの不都合な真実8 ペットフード表記の闇

2009年6月に
ペットフード安全法ができました。


日本で初めてできたペットフードに関する法律です。

それには

表示義務項目というのが定められ

1) ペットフードの名称
2) 賞味期限
3) 原材料名
4) 原産国
5) 事業者名及び住所

の5項目は必ず表示することになりました。



しかし、
4) の原産国表示の規定により

中国産原料を使っても、日本で製造すれば「国産」フードになりました。

(→ ペットフードの不都合な真実-4参照)


そしてもう一つ、
3) の原材料名の表示にも、実に巧妙なカラクリがあるんです。


表示義務は原則
「使用した原材料を添加物も含め全て表示する」
ことに決められています。

それなら何の問題もなさそうですが。。。。


実は、それはあくまでも原則で、
「例外」(=抜け道?)が設けられています。

分類名のみで表示される原材料がある場合

という附則が真実を隠します。

どういうことかと言うと、例えばチキンと聞いたら誰だって



「鶏肉」のことだと思いますよね?

しかし、

"分類名のみで表示される原材料"

例えばこんなもののことですが、



元はどれも鶏だったのだから
『鶏類』あるいは『家禽類』又は『鶏副産物』と
分類すればオッケーって訳です。


  こんなステキな規則があるので
トサカとか羽毛とか書かなくてもいいんです。

肉骨粉だって「肉類」とか
「チキンミール」「ポークミール」などと言えばいいんです。




分類名のみで表示される原料って何なんでしょうか?

フードの原料名に
「◯◯類」「◯◯副産物」「◯◯由来成分」「◯◯ミール」
などど書かれていたら、

是非思い出して「本当は何?」と考えてみてください。


フードのラベルに
「安楽死の動物や、病気で死んだ動物をレンダリングして
できた肉骨粉をタンパク源として使っています」
と表示しているメーカーはありません。

安楽死の動物はレンダリングされ、
肉骨粉に生まれ変わり、
ペットフードや園芸用の肥料になります。


それなのに、肉骨粉という表示がないのかは、

こんな巧妙なカラクリがあるからなのです。



あなたが愛犬や愛猫のためを思って選んだフード。

本当の原料は一体なんなんでしょう?






その選択が死を招く?!

『間違いだらけのフード選び』
無料小冊子 こちらからダウンロードできます↓






関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードの怖い話

0 Comments

Post a comment