Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

イソフラボンは女性の味方?*豆乳でホルモンバランス

今日のヤラープラスわん



今日は、ヤラーのディナーフードに豆乳をかけています。(ちょっと分かりずらいですが・・・。)
体重3kgに対して10cc程をかけてあげます。
豆乳の原料の大豆は”畑の肉”と言われるように、タンパク質が豊富に含まれています。
又、豆乳に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと同じ働きをする作用があると言われています。
犬に与えても、ヒート(生理)が順調になるなどの効果が期待できます。
ブリーダーはもちろん、愛犬に赤ちゃんを・・・とお考えの方、ホルモンが関係するガンなどを予防したいとお考えの方にも、是非摂り入れていただきたい食材だと思います。
ディナーフードにはぬるま湯をかけて与えますが、我が家では豆乳プラスぬるま湯にして摂り入れています。


豆乳の効用
* タンパク質が豊富に含まれています
*強い抗酸化作用を持つサポニンを含みます
*含有のイソフラボンは別名ファイトエストロゲンと言われ、女性ホルモン様作用があります 。

☆尚、イソフラボンに関しては、特定保健用食品として、日常の食事とは別に上乗せ接種する場合の上限が、食品安全委員会新開発食品専門調査会から発表されています。
犬にも、通常の食餌で与える豆乳などの他に、サプリメントなどでイソフラボンを追加摂取するには注意が必要でしょう。
要は、食材からの摂取が一番安全で有効と言えるのかもしれませんね。

【ヤラーディナーフードとは】
ヤラーのディナーフードには、玄米やとうもろこしの粒がそのままの形で入っています。
ぬるま湯をかけて与える、ヨーロピアンタイプの「手作り食感覚」のフードです。

*****水分量を10%以下に抑えて作られるドライフードの、絶対的に不足した水分を補う意味でも、ぬるま湯をかけて与えるディナーフードは、理にかなった食餌と言えます。*****


ヤラープラスわんを食べている我が家のワンちゃん達のページ
ヤラーフードについてもっと知りたい時は
 
関連記事
スポンサーサイト

Category - 手作りとプラスわん

4 Comments

myumyu  

昔知らない外人さんがダックスのお散歩をしていて
「大豆は皮膚アレルギーの元になるから与えない」と言っていました。
パッケージに「植物性たんぱく質」と書いてあるのは大豆のことだから~などなど
いろいろ注意をうけました・・><
うちのワンコは皮膚アレルギーはないようだから・・とは思いしかし大豆関係は
避けてきましたがやはり「たまねぎ」のおはなしのように
何でも与えすぎが良くない結果を引き起こすと考えたら
豆乳は3キロに対して10CCは問題ないのでしょうね^^
むしろ健康にはいいのですね♪
大豆アレルギーのワンコが摂取すると皮膚に症状が起きるということなのでしょうか?
それともたくさん摂取することでアレルギーになってしまうものなのでしょうか?

2006/03/09 (Thu) 14:35 | REPLY |   

らり  

はじめまして。先程は私のブログにコメントしていただいてありがとうございました!
フードについては私もいろいろ勉強したいと思いますのでこちらのブログを参考にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
豆乳って、人間用のでいいのですか?
うちのワンコは、獣医さんで薦められた処方食「ウォルサム」しか食べたことが有りません・・・。
あとは無添加のボーロや乾燥野菜のみです。

2006/03/09 (Thu) 15:03 | EDIT | REPLY |   

るしあん  

myumyuさん☆

ご訪問&コメントありがとうございます。
大豆のアレルギーに関して、お返事したいのですが、一言では言い尽くせないので、3月9日付けのブログの記事に、myumyuさんへのお返事のつもりで書きました。
ご覧になっていただければ嬉しいです。

2006/03/10 (Fri) 02:26 | REPLY |   

るしあん  

らりさん☆

ご訪問&コメントありがとうございます。
ドナちゃんのブログはいつも拝見しています。
豆乳ですが、もちろん人間用で。
犬には犬用?という固定観念?があって、人間のモノは犬にはダメと思いがちですよねー。
でも、ドッグフードにしても、本当は人間の食べ物と同じ基準で作られるべきなのに、人間の食べられないものが実際は原料にされているものが殆どで、犬用には人間にも生産動物にも食べさせられないモノがあてがわれているんですねー。(これについては私の2月9日のブログをご参照下さればと・・・。)
ウォルサムに関しては、獣医さんが処方食としてお勧めになることが多いように聞いておりますが、ビートパルプ(2/21参照)の使用や家禽の種類が明記されていない点、とうもろこしを「コーンパウダー」「コーングルテンミール」「とうもろこし」と分けて表示している(タンパク質より穀類の配合が多くないように見せるための分割表記と疑われてしまいます)点などが気になりました。現時点では、法的規制がないので添加物の有無などははっきり分かりません。(今のところ第三者が認定を与えているのはヤラーしかないという寂しい現実です)

ドナちゃんにも、トッピングメニューなどお試し下さればと思います。

2006/03/10 (Fri) 02:45 | REPLY |   

Post a comment