Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

ナマは不安?*消化酵素とアミノ酸パワー

お肉を生で与えることに対して、
「ナマ肉って、何だか不安・・・」と言うコメントをいただきましたので、
今日はそのことに付いて書きたいと思います。


最初は誰でも、生肉を与えることに不安を持つことと思います。

確かに、ビートパルプ入りのカリカリのドッグフードしか食べたことのない子に与えると便が緩むことがあります。

しかし、こういう子は、生肉だけではなく、
少量のお米や野菜でも軟便になり易いようです。


ビートパルプを搾り出すのに硫酸系の化学薬品が使われます。

その薬品の副作用で便を固められていた子は、完全に消化酵素不足になっていて、
自分で消化吸収をする力が無くなっているようです。

でも大丈夫です。
少しづつ、生肉や生野菜を与えていけば、
酵素の力でなんでも消化できるようになってきます。

生肉(生野菜)の与え方の基本としては、
初めは少なめに、徐々に量を増やしていって下さい。



では、何故生肉の方が火を通した肉よりも良いのでしょうか。

肉に火を通すと、アミノ酸や消化酵素が壊れてしまいますし、
肉の動物性脂肪が熱を加えることによって犬に消化しずらいものになってしまうからです。

一般のドッグフードには異常な量の動物性脂肪分が入っていますので、
頻繁に鳥のササミなどを湯がいて与えたりするのは
逆効果かもしれません。
(火を通した動物性脂肪の過剰摂取。)

そうそう、ナマで与えられる肉は、馬と牛です。
くれぐれも鳥・豚をナマのまま与えないようにご注意下さい。

生肉を与えることによる効果。
毛艶が良くなる、肥満・痩せ過ぎが直りしっかりした体形になる、
便の量と臭いが軽減する、食糞癖が直る、皮膚病が治る、繁殖率の向上・・・などを我が家では実感しています。


ヤラープラスわんを食べている我が家のワンちゃん達のページ
ヤラーフードについてもっと知りたい時は
関連記事
スポンサーサイト

Category - 手作りとプラスわん

2 Comments

mocoママ  

いつも、お邪魔してお勉強させて頂いてます。毛艶が良くなるんですネ、ちょっと勇気がいるけど、少しでも、与えてみようかな!牛は脂身は抜いた方がいいのでしょうか?

2006/03/16 (Thu) 11:38 | REPLY |   

るしあん  

Mocoママさん

いつもご訪問&コメントありがとうございます。
現在、我が家で給餌テストをしていますが、ヤラーフード50%+ナマ肉50%という内容の食餌を与えているグループが、全ての面で一番状態が良くなっております。
ドッグショーやアジリティーなどで活躍しているワンちゃん達も、ナマ肉のトッピングが施された食餌を食べているようです。
脂身は神経質にならない程度で、除ける部分は取って与えると良いと思います。
ナマ肉は、分量を気にせずに与える事ができる便利な食材ですよ。(なかには給餌量に注意すべき食材もあります。)

2006/03/16 (Thu) 17:50 | REPLY |   

Post a comment