Welcome to my blog

愛犬観察ノート・犬の医・食・住

Article page

このまま添加物付き肉骨粉のフードを与え続けますか?


 私達はずっと、ドッグフードを
夢のような理想の食べ物だと思い込んで暮らしてきました。


 正直に告白してしまえば、私自身、今までウチで生まれた仔犬達の飼い主さんに、
「ドッグフードオンリーで」と「偏食になるから人間の食べ物はNGです」とお伝えし、
何の保証も認定もないフードをご紹介してしまってきました。


 でも、最近になって、農薬たっぷりに栽培された穀物のクズの部分だけを使って肉骨粉と混ぜ、
さらにそれに大量の化学薬品を添加したフードを食べ続けて、
アレルギーを引き起こしたり、ガンになったりする犬が増えてきました。
 

 ワンちゃんが比較的若いうちは、それ程気にかかる症状が発現せずに済んでいることもあります。

しかし、年を取るにつれて(化学物の蓄積量が増えるのと比例するように?)
何らかの不快症状を訴えるワンちゃんが増えてくるのです。

 そして、これは何かおかしい、
食べ物の影響なんじゃないかと
思い至るわけです。


 昔の犬達は味噌汁ぶっかけご飯を食べて元気に暮らしていました。


 だんだん日本がペット大国になるにつれ、アメリカのフード会社がその市場に進出してきて、
味噌汁をかけたら犬には塩分が多すぎる!
それじゃあタンパク質が足りない・・・だからドッグフードを食べさせなさいと説きました。

 犬には犬の食べ物を与えなければいけない、
人間の食べ物を与えたら栄養バランスが崩れてしまう、
可愛がっているのなら犬専用のフードを使え、
と洗脳されてきました。

 残り物なんか与えたら可哀想じゃないか!と
罪悪感をも持たせるような巧みな説得方法であったと思います。

 家族の一員と思っている自分の愛犬をアレルギー犬にしたい人などいないはずです。

できる限り元気で健康に生きてほしいいと望んでいるはずなのです。

だからこそ「総合栄養食」と謳われたドッグフードを、
きっと良いものなんだろうと思って与えてきたのです。


 しかし、フードメーカーが言う所の「総合栄養食」の実態が
次々と明らかになりつつある今、
それでも”自社基準”のみの規制の無いフードを与え続けますか?

 今、ニュースでDowner(へたれ牛)が、人間の食用として混入した可能性があると騒がれています。
(へたれ牛は狂牛病の感染の可能性が高いので、他の固体とは区別されるべき)


 人間の食用肉がこんなレベルで選別されているアメリカで作られるドッグフードには、
一体何が混入しているのかと考えざるを得ません・・・。



犬達の健康的な生活を考えるル・シアンのページ
犬達の健康的な食餌を考えるヤラーの説明のページ

関連記事
スポンサーサイト

Category - ドッグフードの怖い話

4 Comments

ランディー  

ん~怖いですよね。でも確かに不安だけど、
ドッグフードを与えていたら犬がおかしくなっちゃったって人は聞いたことがないかも(^_^
犬は寿命も伸びているみたいだし、自社基準だから必ずしも危険だとはいえないのでは?

2006/02/17 (Fri) 10:18 | REPLY |   

NSPH  

ブログサーフィンしていてお邪魔しました。
我が家にも犬が居るのでとても興味深いお話です。
ちょっと前にあるドッグフードの話を聞いて
びっくりしていたところなので余計にです。
私のブログも是非来て下さいね^^

2006/02/18 (Sat) 16:04 | EDIT | REPLY |   

foofdchien  

ランディーさんへ

コメントありがとうございます。
ランディーさんのコメントにお答えする意味も込めて、ドッグフードを与えていてプチ不調の犬達のことを17日に書きました。宜しかったらそちらの記事もご覧下さい。

2006/02/18 (Sat) 23:43 | EDIT | REPLY |   

foofdchien  

NSPHさんへ

コメントありがとうございます。
そちらのブログも拝見させていただきました。Pulseちゃん可愛いですねっ!
可愛いだけじゃなくて、きっとNSPHさんの心を癒してくれる存在なんだろうなーと拝見していて感じました。又お邪魔させていただきます。

2006/02/19 (Sun) 00:04 | EDIT | REPLY |   

Post a comment