愛犬観察ノート・犬の医・食・住

~愛犬を健康にしたいあなたへ~       ☆誰もが願う愛犬の健康。飼い主として何ができるの?        わんこを取り巻く医・食・住について一緒に考えてみませんか?
| Admin |

 

☆るしあんからのお知らせ
アクアリブ噴霧器、新型発売開始
ただいま20%オフ先行割引実施中
販売ページ準備中の先行割引のため、
電話(0281-73-3636)かメール(info@lechien.life)でのご注文となります。
詳細はルシアンブログをご覧ください。
26畳用噴霧器
14畳用噴霧器


※先行割引販売は終了致しました。

ヤラーのサイトは⇒こちら

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤラーお買い物キャンペーン♪

2009年06月20日 (土) | 編集 |
new


先日は、突然のサイトのダウンで、大変ご迷惑をお掛け致しました。
現在、リニューアルしてサイトは再開しております。

ショッピングカートが新しくなりましたので、
もう一度ご住所等のご登録をお願いできれば幸いです。

お手数をお掛けして大変申し訳ございませんm(_ _)m



6月20日より、サイトリニューアル記念の、
ヤラーお買い物キャンペーンを開催いたします。

(お得なキャンペーンのお知らせは、会員登録をしていただくと、
メルマガで送信されますよ。)


今回のキャンペーンは、わんちゃん・猫ちゃん用のヤラー缶詰をはじめ、

ショッピングカートの変更でご迷惑をかけてしまったお詫びに、

飼い主様へのプレゼントとして、

夏を乗り切るオススメハーブティーと、ハーブソープもご用意しました♪


2週間ごとにプレゼント内容が変わります。
お買い上げ金額が増えると、プレゼントも増えていきます。







キャンペーン第一弾は、ローズヒップとカレンデュラ。

ローズヒップとハイビスカスのブレンドティーの
ビタミンCとクエン酸効果で、疲労回復・代謝アップで美肌を目指します!
皮膚や粘膜の修復効果の高いカレンデュラソープでお手入れも万全ですね!


ちょっと酸っぱい赤いお茶は、私の一番のお気に入り。
透明のカップに入れるとキレイな色が楽しめます。

ローズヒップとハイビスカスは、お好みでブレンドすると良いですが、
(私はハイビスカス多めが好きです)

今回のプレゼントはティーバッグに入ったブレンド済みなので、
手軽に楽しんでいただけます。











第二弾は、和洋の代表的な花の競演♪

女性の気持ちを和らげるバラの香りと、
日本を代表する桜のソープです。


ローズのバスハーブは、既にカートからお求めいただけるように
ご紹介をしておりますが、
今回は紅茶とローズペタル(花びら)の、気品高いミックスティーを!

ローズの花びらは、濃い目に浸出して化粧水として使うこともできます。
 
バラの香りがするはずなのに、
何となくサツマイモの香りと似ていると感じてしまうのは
私だけでしょうか?













7月18日からの2週間は、最終第三弾。

寝苦しい夏に鎮静効果のあるラベンダーティーと、
抗菌効果のラベンダーソープで、気持ち安らかに♪


今年は、ラベンダーの花が既にきれいに咲いている我が家の庭。

乾燥させたラベンダーの花は、袋に入れてタンスに忍ばせておくと、
素的な香りが服に移ってくれますし、虫除け効果もありますよ。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ヤラーのお買い上げ金額
■7,000円(税込7,350円)以上で、ヤラー缶詰プレゼント
(種類はお任せ下さい。)

■14,000円(税込14,700円)以上でハーブティーもプレゼント

■21,000円(税込22,050円)以上でハーブソープもプレゼント

対象はヤラー商品のお買い上げです。
(アクアリブなどの商品は対象外となります。)

☆プレゼントは充分にご用意しておりますが、万一品切れとなった際は
 プレゼント内容を変更させていただく場合がございます。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


それでは、じめじめした季節を上手に乗り切って、
元気に真夏を迎えましょう!




ポチ↓のご協力もお願いできたら嬉しいですm(_ _)m

人気blogランキングへ
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

涙ヤケ!食べ物でこんなに変わる!

2009年06月08日 (月) | 編集 |
今回は、白ペキニーズとシーズーのミックスの2歳4ヶ月になる女の子のご紹介です。


mogubefore


この写真は、ヤラーを与えてくださっている飼い主さんからいただいたものです。

一緒に同封されていたお手紙には、下記のような文面もありました。

「うちの犬もヤラーにしてから、ずい分キレイな犬になりましたので写真を送ります。
今、以前の写真を見るとびっくりする位ひどいですね。
まあ、今も涙ヤケはありますが犬種的に仕方がないかな・・・と思っています。」
  



そして、上の写真からヤラーを食べ始めて10ヶ月経った現在の写真がこちらです。

moguafter

いかがですか?

この変わり様は?

つぶらな瞳がとても可愛いですね。

きっと、もっともっとキレイになっていくと思います。


私は、この写真を拝見させていただいた瞬間、心から嬉しくなりました。

わんちゃんと飼い主さんに「本当に良かったですね。」とお声がけをしたくなりました。





こんなにひどい涙ヤケであっても
この子の場合はただ単なるS.O.S.に過ぎませんでした。

ただ単なるS.O.S.だったと言い切れるのは、
それに気付いてあげられたフードジプシーだった飼い主様が
ヤラーに移行しただけでこんなにキレイに大変身できたからです。

本当に目の病気だったり眼球に異常があれば、フードだけでは改善されませんでした。

もちろん目薬などは、気休めでしかなかったはずです。

やはりフードに使用される粗悪な原材料に残留する農薬や抗生物質、
そして肉骨粉や添加物が原因だったと考えられます。


このわんちゃんが食べていた7種類のフードも安価なものではなく、
一般にプレミアムフードと呼ばれている高価な物ばかりでした。

しかしプレミアムフードが、本当に宣伝や広告通りの品質なら、
この子もこんな状態になるはずがないと思うのですが・・・。

世の中の半分以上のペットも、何かしらの問題を抱えているらしいですが、
それらも解消できるのではないでしょうか?


ペットフードメーカーさんには、是非、

「ご自分の愛犬・愛猫にも与えられるようなフード」を作っていただきたいものです。



それにしても体の中はもっと大変なことになっており、
爆発寸前だったはずに違いありません。

血液はドロドロで肝臓や腎臓にも負担がかかっており、この状態を長く放置しておけば
内臓疾患や皮膚病、最悪の場合はガンになってしまう可能性もあるでしょう。



早い時期にS.O.S.に気付いてあげられて、本当に良かったですね。



※今回の記事は、飼い主さんのご好意により書かせていただきました。
  少しでも参考にしていただいて、お役に立てれば嬉しいと言っていただきました。
  ありがとうございました。
  


ポチ↓のご協力もお願いできたら嬉しいですm(_ _)m

人気blogランキングへ
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット

肉骨粉とペットフード

2009年05月26日 (火) | 編集 |
今日は、肉骨粉とペットフードについて考えてみます。


アメリカやカナダなどではペットフードに肉骨粉の使用が認められています。


ペットフードの原料の肉骨粉には、
狂牛病の牛だけでなく、

安楽死された犬・猫の死体がレンダリングされ、肉骨粉と化し、
ペットフードの原料となっているという内部告発がありました。

それを裏付けるように、

アメリカ獣医師会から、
ベントパルビタールに耐性を持つペットの増加が報告されました。


ベントパルビタールを使って安楽死された犬や猫が、

ペットフードの原料になり、

そのフードを食べ続けたペットが、ベントパルビタールに耐性を持つ・・・(麻酔が効かない)

とう事態が発生しているのです。



アメリカは生物テロのリスク回避のため、ペットフードの輸入を禁止しています。

ですから、ベントパルビタールに耐性を持つペットたちは、
間違いなくアメリカ産のフードを食べているはずです。

【もちろんアメリカ産のフードは日本にも輸入されていますから、
 沢山の日本のペットたちも食べているでしょう。】


まさか、可愛い家族が食べているフードに
犬や猫の死体が入っているなんて考えられない・・・と
思われる方も多いでしょう・・・が、


人間の食肉に対してもトレーサビリティのない国で作られるペットフードに、
狂牛病の牛・安楽死された犬・猫が入っていないと
否定することはとても困難です。



犬や猫は本来肉食ですから、
牛の肉でも、犬の肉でも、猫の肉でも、
肉を食べるのは食性には反していないとして、

強制的な共食いをさせるという点で、
何らかの危険を孕んではいないでしょうか?


強制的な共食いという状況のもとで、
狂牛病の牛が入った肉骨粉で作ったフードを食べる・・・・。

牛からヒトに感染した狂牛病が、
牛から犬に、牛から猫に感染しないと言い切れるのでしょうか?


食べ物が体を作ります。


何を食べるのか・・・・?


ペットには食事の選択ができません。

大切な家族に、強制的な共食いを強いることのないよう、
私たち飼い主が充分に考えてあげないといけませんね。





少し古い資料になってしまいますが、こちらも参考になります




またまたお久しぶりで図々しいお願いですが、
ポチ↓のご協力をお願いできたら嬉しいです。

人気blogランキングへ


狂牛病と肉骨粉

2009年05月12日 (火) | 編集 |
先日ご紹介した『生命と食』という本↓
生命と食 (岩波ブックレット)生命と食 (岩波ブックレット)
(2008/08)
福岡 伸一

商品詳細を見る


今日は、この本を参考にしながら、
狂牛病の原因となった肉骨粉について考えてみたいと思います。


狂牛病は、1985年にイギリスで初めての症例が報告されました。

最初は、何が原因か全く不明でしたから、
農薬による中毒ではないか、
土壌の重金属による中毒か・・・など、
様々な可能性が浮かんでは消えていきました。

最後まで残った可能性が飼料の汚染でした。



普通、草食動物である牛は、大豆やとうもろこしなどの
植物性の飼料で飼育されるべきものです。


が・・・・

人間は、経済効率という部分だけを重視して、
牛の食性などは無視しました。



実際に与えられていたのは
牛や羊の死体をレンダリング(*1)して作られた肉骨粉でした。

動物性の飼料である肉骨粉を食べさせられた牛は、
はもはや草食動物ではなくなってしまいました。



イギリスには、羊毛産業のための羊が、牛以上にたくさんいます。

羊にはスクレイピー病という、神経症状を呈する伝染病が昔から知られていました。

狂牛病と同じように、脳細胞がスポンジ状に穴があく病気です。

スクレイピー病で死んだ羊の死体が肉骨粉に混じり、
それを食べた牛から狂牛病が現れました。



この本の作者・福岡先生の言葉を借りて言うと、

      「草食動物は草を食べる・・・という食物連鎖網を、
       より効率がいいからと部分的に組み換え
       草食動物を肉食動物に変えた。

 
       さらに牛に牛を食べさせる、羊に羊を食べさせるという 
       ある種の強制的な共食いをさせた。


       その結果、本来移るはずのない羊の病気が牛に乗り移ってきた 
    ・・・・・・・・。」

 ということになります。



イギリス政府は、狂牛病の原因が肉骨粉だと突き止め、
1988年に肉骨粉を含む、動物性の死体を使った飼料を牛に与えることを禁止します。


しかし、今度は新たに人への病気が現れます。


1994年に変異型クロイツフェルトヤコブ病の病症例が複数報告され、
1996年には、イギリス政府は牛からヒトへの感染の可能性を認めるに至ります。


本来移るはずのない牛の病気が、
今度は人間に乗り移ってきたのです。




ヒトへの感染が報告され、2001年には日本でも狂牛病ショックが起こりました。


日本では狂牛病対策として、牛の全頭検査を行い、
牛のトレーサビリティ(*2)が確立されました。


しかし、アメリカではトレーサビリティに当たるものはありません。


狂牛病の牛や廃棄された動物の死体を原料に、
肉骨粉が製造され続けています。

さすがに牛の飼料とすることは禁止していますが、

豚や鶏・魚類の餌、作物の肥料にすることは認められています。
(ちなみに、狂牛病の病原体は土壌中に潜んで何年も生きながらえるそうです。)





今度は肉骨粉と犬・猫、
肉骨粉とペットフードについて考えてみたいと思います。


→次回に続く

*******************************************************************

(*1)レンダリング
   動物の死体、くず肉、骨などを煮て脂肪を除去し、粉末にした物を肉骨粉といい、
   それを製造する操作をレンダリングrendering と呼んでいます。

   参考サイト
     こちらも合わせてどうぞ

(*2)トレーサビリティ
   作物や畜産物などが、何処で誰がどのようにして栽培・育成したものか
   追跡調査が可能なこと。
   追跡可能性とも言われる。

*******************************************************************



またまたお久しぶりで図々しいお願いですが、
ポチ↓のご協力をお願いできたら嬉しいです。

人気blogランキングへ


食べ物が体を作る

2009年03月12日 (木) | 編集 |
まだまだ風は冷たいですが、日ごとに春の訪れを感じる今日この頃。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもありますね。
いかがお過ごしですか?


以前にもお話しましたが、
昨年、父がガンの宣告をされました。
余命まで宣言されてしまい、かなりショックを受けました。

本人は、直腸がんの切除をしたため、患部はきれいになったという認識で、
退院後の毎日を過ごしています。

同じ部屋にいた方が、抗がん剤で、吐き気や食欲不振を訴えているのを
間近で見てきた入院中。

妹と私は主治医に抗がん剤治療をお願いしないことに決め、
父を退院させました。

日本のがん患者は128万人とも言われ、そのうち53万人が「ガン難民」と呼ばれる、
治療法もなく途方に暮れている人たちだそうです。

機械的生命観から、対症療法が主流の現代医学の中で、
対症療法以外の選択肢を、西洋医学の医師は持ち合わせていませんでした。
(西洋医学のみに偏らない治療を行うお医者さんも少数ですがいらっしゃいますが)



アメリカでは代替療法に対する関心が高まり、
代替療法に関する研究助成金は、年々急激にアップされてきています。

日本ではまだまだですね。
まして獣医学の世界では、
ステロイドを使うほうが手っ取り早いという考えが支配しているように思えます。


言葉を話さない動物たちの治療は、飼い主さんの観察目がものを言います。
日頃の様子を観察することはとても大切ですね。



鍼灸治療がペットにも有効だということは、
知り合いの鍼灸師さんから聞いておりましたが、
アメリカでも実践がされているようですね。
こんな記事を見つけました。
↓↓↓↓↓
鍼灸治療はペットにも有効

薬だけに頼らずに、生き物の免疫力を上げることで
「治療」するのではなく「治癒」を促す方が自然な流れですよね。



最近、生物学者の福岡伸一先生の「生命と食」という本を読みました。

生命と食 (岩波ブックレット)生命と食 (岩波ブックレット)
(2008/08)
福岡 伸一

商品詳細を見る


食べ物は体を通り過ぎるのではなく、体の一部になって、
あるものは髪の毛に、あるものは骨の一部になって、体を構成し、
しばらくすると分解して外に出て行く・・・・。

まさに、食べ物が体を作るということです。

良い物を食べる=良い体を作る

ヤラーにしてから体調が良くなったと感謝していただけるのは、
まさにこのことなんだと感じます。

食の安全性が危うい時代ですから
もちろん自分の食べ物もきちんと選択しなければいけませんね。


アメリカやカナダでは、いまだペットフードへの使用を禁止されていない
「肉骨粉」に関する記述もありますので、
ご興味のある方は読んでみて下さい。

福岡先生もまた、
生物は機械的に部品交換をすれば済むものではない とおっしゃっています。




(ちなみに、福岡先生は「生物と無生物のあいだ」 を書かれた方です)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る









インフルエンザ感染予防しましょう

2009年01月24日 (土) | 編集 |
鳥インフルで09年4人目の死者 中国・新疆ウイグル自治区

 【北京=尾崎実】中国衛生省は24日、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した新疆ウイグル自治区ウルムチ市の女性(31)が23日に死亡したと発表した。
中国での鳥インフルエンザによる死者は今年4人目。
同省によると、女性は10日に発病した後、病状が悪化し入院治療を受けていた。
発病前、市場で生きた家禽(かきん)と接触していた。(19:38)


中国や東南アジアでの鳥インフルエンザ感染が報告されていますね。

鳥インフルエンザウイルスは、豚を介して
人に感染するウイルスに変化するそうです。

鳥⇔豚⇔人⇔人・・・・・と感染が広がるという訳ですね。


中国には家禽と豚が一緒に家畜として飼われている地域が多いようです。

鳥インフルエンザウイルスの変化を助長するなら、
家禽と豚を切り離して飼育すればいいじゃないか・・・・・
と、部外者は思ってしまいますが、
実際にそういう形態で生活を営んでいる人にとっては死活問題ですよね。



新型インフルエンザの報告はまだ無いですが、
いつものインフルエンザは、既に流行が始まり、
町田の病院では集団感染の報道もありました。

感染拡大の原因は、複合的な要素が考えられるが、
湿度不足が大きな一要因だったと、調査に入った東京都は指摘しています。



アクアリブがお手元にある方は、ペットの消臭だけでなく、
自分の感染防止に是非アクアリブをご活用下さいね。

噴霧器で空間除菌・加湿するのが一番ですが、
一日何回かお部屋にスプレーをして回るだけでも、
湿度保持のお助けになります。

もちろん、加湿と一緒に、菌やウイルスもやっつけてくれますから!


帰宅後のアクアリブうがい・手洗い後のスプレーと合わせて、
お部屋の加湿を心がけて、インフルエンザから身を守って下さい。



娘の通う学校でも、インフルエンザの感染が広がりつつあります。

新型インフルエンザ発症の際の対処法・・といったプリントも配られ、
呑気な私も、娘に促されて、備蓄の食料確保に乗り出しました。


「まあ、いざとなったらウチにはヤラーがあるじゃん」

心強い?娘の一言でした^^;)



空気が乾燥した日が続きます。

お部屋の湿度を保って、風邪やインフルエンザに罹らないよう
お気をつけてお過ごし下さい。





【関連記事】
町田の病院でインフルエンザ集団感染 3人死亡
中国でまた鳥インフル、山東省の女性死亡
鳥インフル、北京で初の死者 中国政府、拡大防止急ぐ(1/8)
ベトナムの女性、鳥インフルで死亡か 感染した女児の姉

ガンはどこから来るの?

2008年12月04日 (木) | 編集 |
【父がガンになった-その1】

ガンと聞くと、何だかすごく悪者で、近寄りたくない感じを抱きますね。

でも、この「ガン」って、そもそもどこから来たんでしょう・・・・?




人間は約60兆個の細胞でできています。

そして、その60兆個の約5%に当たる3000億個の細胞が
毎日新しく生まれ変わっているそうです。

体内では一日3,000個~5,000個のがん細胞も生まれます。

通常ガン細胞はNK細胞によって淘汰されてしまいます。


不幸にもNK細胞が退治できなかったガン細胞が残ってしまったとして
抵抗力のある人で、1個のガン細胞が2個に分裂するのに約100日を要します。

直径1cm・重量1g程度の”臨床ガン”になるには平均9年かかるといわれます。
(この”臨床ガン”は10億個の細胞を有します。)


又、ガン細胞は39℃以上でDNA合成が止まり、
42℃以上で死滅します。

高熱を出したガン患者のガンが消えた・・・・なんて事があるのはこのためです。

「ガンは低体温がお好き」の記事でも書きましたが、
に35℃がガン増殖に適した温度と言われます。



このような特徴を持つガン細胞ですが、
よくよく考えてみれば、突然どこか遠くからやって来たわけではなく、
自分の体の一部だということがわかりますね。

言ってみれば自分の”分身”であるガン細胞。

そう考えると、ガン細胞だって、いとおしい
抗がん剤や放射線でやっつけるなんて、とんでもないと思いませんか?


日本に最初に代替医療の観念を持ち込んだといわれる
アンドルーワイル博士の著書の中に、こんな一文があります。

「われわれの努力目標は、病気を自己変容の機会として活用するところにある」


ガンに限らず、何か病気になったら、
今までの自分を振り返ってみて、”自己変容”を図る・・・・。

そんな気持ちで父のガンと対峙していきたいと思っています。



ご興味のある方は是非読んでみて下さい。

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか
(1995/10)
アンドルー ワイル

商品詳細を見る



ポチ↓のご協力もお願いできたら嬉しいですm(_ _)m

人気blogランキングへ

インフルエンザに異変・タミフルが効かない?

2008年11月15日 (土) | 編集 |
今夜のTBSニュースキャスターという番組の、
新型インフルエンザの特集で、

アクアリブをご利用中の、
東京・銀座/六本木の託児所=KIZZ花*花さんが紹介されました!

沢山の赤ちゃんや小さなお子さんが集まる託児所ですから、
衛生面には特に気を遣われていて、
開設当初からアクアリブを導入して下さっています。





インフルエンザウイルスも、生き延びるために必死の抵抗を始めています。

タミフルに耐性を持ったウイルスが・・・・・・。


今年は、空気の乾燥する時期が早く訪れ、
ウイルスの活動が例年より早まっているようですね。

すでに学級閉鎖をしている学校もあるそうです。


新型インフルエンザが流行するかも・・・と懸念される今年の冬。

このインフルエンザは、鳥インフルエンザが変異した
人から人へ感染する新型インフルエンザで、
国内死亡者が64万人に達するほどの大流行が起きる可能性もあるようです。


ウイルスに対する効果も実証されているアクアリブで、
インフルエンザ感染対策をして下さいね。


ついでにポチッとお願い致します。

人気blogランキングへ

サルモネラ菌

2008年11月09日 (日) | 編集 |
11月7日、またまた驚くべきニュースがアメリカから発信されました。

まずは、下記のロイター通信による記事をお読みになって下さい。


記事
 [ワシントン 6日 ロイター] 

米疾病対策センター(CDC)は6日、
サルモネラ菌で汚染された乾燥ペットフードにより、
子どもを含む少なくとも79人が体調不良を訴えたと発表した。

 複数のブランドがすでに商品回収を実施し、
ペンシルベニア州にある製造工場も閉鎖されたが、
CDCはペットの猫や犬が食べる可能性はなおあるとして、
飼い主たちに注意を呼びかけている。

 CDCによると、今回のサルモネラ汚染で死者が出たとの報告は今のところないが、
子どもやお年寄りなどが汚染されたペットフードを触ることによって体調を崩したり、
出血性の下痢を起こす可能性があるという。

 今のところ、今回の件に関連してペットが体調不良を起こしたとの報告は出ていない。







いかがでしたか?

数年前にも同じような事故がありましたので、又か・・・。と言った感じですね。


それにしても、

ペットフードに触るだけで、サルモネラ菌に感染するなんて信じられません。

きっと、想像を超える数のサルモネラ菌に汚染されていたのだと思います。


サルモネラ菌は、幼児や高齢者などには特に感染しやすく、

最悪の場合は死に至る事もあるほど恐ろしい菌です。

それが大切な家族の一員であるペットが食べるペットフードから検出されるなんて・・・。


しかし一般的にサルモネラ菌には、

生肉や卵を食べる事で感染することが多いはずです。

それなのに何故、

調理済みのペットフードからサルモネラ菌が検出されたのでしょうか?


これは私の憶測でしかありませんが、

もともとペットフードに使用される原材料は、産業廃棄物(ゴミ)の寄せ集めであり、

とても食べ物とは認めたくない物も多いはずです。

そんな粗悪な原材料は、サルモネラ菌などに感染している可能性も高いはずですが、

火を通すことによって菌を死滅させられるはずです。

そうなると、ペットフードメーカーが行なうべき処理が、

正しく行なわれていなかったと疑うのが妥当かもしれません。

もう一つ考えられる原因としては、原材料や製造過程の問題ではなく、

衛生上、工場自体が汚染されていたのかもしれません。

どちらにしても、去年のリコールにしても今回のリコールにしても、

信じられないペットフード産業です。


<サルモネラ症について>

サルモネラ菌に感染すると、

8~48時間で腹痛・下痢・嘔吐・発熱・悪寒などの症状が出ます。

感染経路としては、生肉や卵を食べる事で感染すると言われていますが、

一般的に、私たち人間が食べる食材では心配は少ないようです。

もし、私達の食材にも危険が多いようでしたら、

タマゴご飯やステーキや焼肉が食べられなくなってしまいますものね。


しかし、ペット用の生肉には注意が必要かもしれません。

火をよく通して与えるべきですが、どうしても「生」で与えたい方は、

ペット用の生肉を触った後は、よく手を洗うことと、

生肉を食べたペットを触った後にも良く手を洗いこと、

そして、口を舐められたりしないように注意することも大切なようです。



本当は、誰もこんな心配はしたくないはずなのですが・・・。





最後までお付き合い下さってありがとうございます。
ついでにポチッとお願い致します。

人気blogランキングへ

食の安全性確保の難しさ

2008年11月03日 (月) | 編集 |
がんに対する植物療法などの代替療法に関して書きますと言っておきながら、
なかなか書きはじめられずに一週間が過ぎてしまいました。


じゃあ、書き始めてよ・・というところではありますが、
地元の新聞にペットフードに関する記事が出ていましたので
今日はこちらをご紹介してみます。


「食の安全」、ペットフードにも 中国産敬遠、「品質」前面に

(11月3日 05:00)
 「食の安全、安心」指向がペットフードにも広がっている。
相次ぐ食の騒動で「ペットフードも中国産が敬遠されがち」と宇都宮市内のペットショップ。
県内のホームセンターでは「国産」「品質」を前面に出した商品がずらりと並ぶ。

 カンセキは今秋から国産の比率を高めた。特に独自ブランド商品「国産・極上シリーズ」が人気で、青汁の原料のケールを加えたジャーキーや減塩にぼしなどが売れている。
同社担当者は「お客さまは産地を確かめてから買う。国産と分かるように大きく表示したほか、品質的にも人間の食べ物と同じような高級品を厳選した」とアピールする。

 「ペットは家族の一員」というジョイフル本田のペットワールド宇都宮店(上三川町)でも食材に気を使う客が増加。
中国産原料を含んだペットフードを食べた犬が米国で死んだ事件を受けて、カインズホームは独自ブランド商品から中国産の素材を除外した。

 犬の健康食品を扱うホリスティックアニマルケアドッグピット(宇都宮市)には、食材の産地のほか酸化防止剤や着色料などを気にする飼い主が訪れている。
同店は「飼い主の中国産アレルギーを感じる。自分は我慢して子どもに良い服を買うように、ワンちゃん、猫ちゃんには自然食で体に良い物を買って行く」と話している。

下野新聞SOON

**********************************************************

と言うことで、ペットフードの原材料にまで目を向ける飼い主さんが増えたのは喜ばしいことですね。

ペットフード大規模リコールなど、痛ましい事件も記憶に新しいですからね。

【ちなみにこちらのリコール問題は、補償金の支払いが決まったそうです
個人的な飼い主さんへの補償とその他諸々、結局総額で32億円の支払額になったようですね。】


ただし、加工食材に関しては、中国産の表示がされずに、
原料は中国産でも、日本で加工すれば『国産』となってしまったり、と、
”雑貨”のカテゴリーで販売されているペットフードの問題点はまだまだ山積しています。

実際に日本で流通しているペットフードは
第一位・・・アジア産277億円
第二位・・・アメリカ産270億円

というデータがありましたね。
ペットフードの輸入先

国産フードと思って買ったら、中国産だった、タイ産だった・・・・という
本当にあった笑えない笑い話もあります。

ペットフードは雑貨なんだから、原産国なんて書かなくても、ウソを書いてもOKさ・・・・
っていうのは、もうそろそろ止めにしていただきたいですね。

(人間の食べ物でも、「国産という表示は間違いで、中国産の原料が使用されていました」なんて
 訂正のお詫びのニュースが報道されていますからねぇ・・・・。)

買う人がいれば、当然、平気で作り続ける人もいなくなりません。
消費者である私達にも、選択の基準や選択の知識が求められてきますね。


今後はペットフードに関する規制の法律もできてくるようですが、
飼い主の心を裏切るような表記に関しては、厳しく罰して欲しいものです。





ちなみに、ヤラーには、中国産の原材料は使っていませんのでご安心下さい。


ポチ↓のご協力をお願いできたら嬉しいです。

人気blogランキングへ
テーマ:ドッグフード
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。